編集 | 凍結 | 差分 | バックアップ | 添付 | ページ名変更 |
最終更新: 2019-03-01 (金) 16:38:56
FrontPage / プレイレポ / GS / 大自然の試練 / 3_繋がり始めた世界

プレイレポ/GS/大自然の試練/3_繋がり始めた世界 Edit

ルネサンスへ Edit

英雄時代は終わり、ルネサンス時代は普通の時代となったところから再開。

普通のルネサンス Edit

01_普通のルネサンス.jpg
126ターン目。ルネサンス時代は普通の時代です。区域をそれなりに建てる予定なので公約として不朽を選択しました。

総督迷走その2 Edit

02_総督迷走その2.jpg
ピンガラ総督に学芸員を持たせるためあらかじめ助成者を取得させています。ただ赴任している都市に区域は少ないのでこのタイミングでは
別の総督を採用したりレベルアップしたほうが結果として効率は良かったでしょう。

ルスタヴィ獲得 Edit

03_ルスタヴィ獲得.jpg
129ターン目。グルジアから離反したルスタヴィを獲得。これで西の半島はすべてカナダの統治下とすることができました。

紫禁城あれこれ Edit

04_紫禁城ダメ.jpg
131ターン目。印刷が完了しましたが133ターン目に紫禁城が建ちました。紫禁城のAIからの優先順位は相当上がったような印象を受けます。
どうもGS環境で紫禁城を狙う場合は110ターン程度には印刷の研究を終わらせ、130ターンを目途に建てる必要がありそうです。

またの緊急事態 Edit

05_またも緊急事態.jpg
132ターン目に今度は都市制圧のタイプの緊急事態が出たらしい。どこかで誰かが暴れているようだ。
06_介入できず.jpg
しかし我が大陸は全く関与できない模様。というかこっちで緊急事態が起きてもいいのだよ?起きそうもないですが。

繋がり始める世界 Edit

そろそろ別大陸の面々も出てきます。しかし我がカナダはまだ外海に出れない模様。向こうから来てもらう予定

ドイツと遭遇 Edit

07_ドイツと遭遇.jpg
140ターン目。ドイツの赤髭王フリードリヒと遭遇。都市国家との関係はあまりないので好感度はすぐ上がりそう。

新区域ダム Edit

08_ダム解禁.jpg
142ターン目。控え壁の研究完了。GSからの新しい区域であるダムが作れるようになった。住宅3と快適性1をもたらすらしい
しかし必要生産力が重く氾濫原の都市はproduction.png生産力が乏しいところばかりなのでしばらく作れない。

オランダと遭遇 Edit

09_オランダと遭遇.jpg
同ターン。オランダのウィルヘルミナと遭遇。traderoute.png交易しようとしても遠くて難しいので関係の悪化が懸念される。
それから緊急事態を引き起こしているのは彼女らしい。それなりに暴れているようである。

新たな友好国 Edit

10_関係改善.jpg
144ターン目。ドイツとは友好的になり、ポーランドともいつの間にか友好的になった。
11_ポーランドと友好.jpg
12_ドイツと友好.jpg
というわけで同ターンにそのまま友好宣言。ポーランドにはtraderoute.png交易が届くのでscience.png研究同盟もした。ドイツとの同盟はまだ少し保留。

三回目の世界会議 Edit

13_今度の議題は.jpg
146ターン目。3回目の世界会議。
14_何も得ず.jpg
今回の会議結果。特に大きな収穫は無さそう。タマルに交易を送るとgold.pngゴールド+4が少し関係あるかどうかといったところ。

世界の形が見えてきた Edit

出会っていないのは残すところあと一文明。ここで同盟網はどうするかも決めます。

ホッケーリンク Edit

15_ホッケーリンク解禁.jpg
149ターン目。植民地主義の研究完了。これでホッケーリンクを置けるようになりましたが、作るのはスコアの兼ね合いで次の時代まで保留。

最後の遭遇 Edit

16_またまた緊急事態.jpg
同ターンにまた緊急事態が発令されています。
17_何があったのやら.jpg
結局関与もできないのですが向こうの大陸は荒れているという事だけは分かった。
18_マケドニアと遭遇.jpg
更にこのターンにマケドニアのアレクサンドロスと遭遇。オランダに荒されている被害者は彼らしい。アレクが負けているのはちょっと珍しい。

5同盟完成 Edit

19_5同盟完成.jpg
151ターン目。ドイツから同盟の打診があったので受け入れる。これで5同盟の完成。ターンごとにdiplomatic_favor.png外交的支持が+5貰える。
20_友好だけ.jpg
同ターンにマケドニアとも友好だけしておく。しかしいつかオランダに消されないか心配。

迷走内政 Edit

同盟網の完成や他大陸の情勢がだいたい見えてきました。カナダの周りは安定し、執筆者が慢心しているのでこの辺りからガバプレイが多くなります。

総督迷走その3 Edit

21_コレガワカラナイ.jpg
156ターン目に梁総督に二つ目のレベルアップを。都市公園の三つ目のレベルアップが必要なので。このタイミングでなぜ最初左ルートにしなかったのかと後悔する。

偉人へたくそ Edit

22_偉人が下手.jpg
157ターン目。great_engineer.png大技術者が取れますがもうほとんど意味がない人です。とはいえ取らないと・・・。この後もproduction.png遺産系大技術者はAIに買い取られてしまいます。
great_people.png偉人まわりのプレイがおろそかになっていますね。

工業化と電力と Edit

23_工業化.jpg
161ターン目に工業化に到達。今回は適した土地が無いのでルール地方は作りません。そして新しい要素のpower.png電力がここで登場します。産業以降の建造物の多くは電力を使います。
電力供給源としてここで解禁される石炭発電所は区域ボーナスと同じproduction.png生産力になり、政策の効果も乗るのでので結構スゴイproduction.png生産力(最大+12)を出します。しかし代償も重いです。
この後は工場を各地に配備した後、石炭発電所をとりあえず4都市に配備しています。石炭は大量のCO2を排出するらしいですがどの程度かをこのプレイで確かめるつもりです。

開拓の仕上げ Edit

首都に区域は一通り建ったので、この辺りで空き地を埋めてしまおうかと思います。

周辺開拓仕上げ Edit

24_開拓仕上げ.jpg
162ターン目。祖廟首都では最後の開拓として2ユニットの開拓者をツンドラ地帯を埋めに向かわせます。これらの都市はホッケーリンクと国立公園で観光力出す用にする予定。

ブリザード開拓 Edit

25_ブリザード.jpg
164ターン目。開拓予定地に向かっているときにブリザードに会う。ツンドラ周りはこれが怖い。なお開拓者ユニットはブリザードの中でもダメージは受けない模様。
ブリザードはタイル出力は増えないバッドイベントのようです。それと範囲内のユニットにダメージみたいなので、ツンドラを攻めるときは注意しておくべきでしょう。
26_第十都市.jpg
吹き荒れるブリザードの中、同ターンに第十都市ゲルフを建設。とりあえずブリザードの影響はないらしい。

モアイさん Edit

27_ラパ・ヌイと遭遇.jpg
165ターン目。文化都市国家のラパ・ヌイと遭遇。宗主国になるとモアイ像が作れるらしい。culture.png文化力はそのままtourism.png観光力になるので宗主国になることを考えておく。

ツンドラの試練 Edit

28_ツンドラの試練.jpg
同165ターンのブリザードの様子。ツンドラでないタイルにもツンドラ地帯に近ければブリザードはやって来る。派手に改善を荒らされました。

産業時代に向けて Edit

翌166ターン目には時代が変わります。次の時代に向けての準備をします。

スコア稼ぎ Edit

29_スコア稼ぎ.jpg
このタイミングで保留していた世界一周のスコアを使います。
30_ギリギリ到達.jpg
黄金時代に必要な93ポイントを超えることができました。

黄金時代へ Edit

31_没落希望.jpg
翌166ターン目。アレクが没落しろーと言ってきた。実は首都も失いOCC状態の彼に言われると少々物悲しいものがある。
32_産業時代へ.jpg
166ターン目。我がカナダ文明は産業時代で黄金時代を迎えることができました。と言う所で次回に続く。

登場人物紹介 Edit

wilfrid_laurier.pngウィルフリッド・ローリエ:カナダの首相。今回の主人公。5同盟を完成させてとりあえずは満足。
robert_the_bruce.pngロバート・ブルース:スコットランドの王。経済同盟国。カレンはおいしく頂いて元気に育っております。献上ありがとう(煽り)
tamar.pngタマル:グルジアの女王。文化同盟国。ルスタヴィはおいしく頂いて元気に育っております。献上ありがとう(手抜き)
mvemba.pngムベンバ・ア・ンジンガ:コンゴの王。軍事同盟国。文化に力を入れるので傑作が徐々にたまり始めている。
jadwiga.pngヤドヴィガ:ポーランド王。研究同盟国。ついに仲間外れから脱却する。最初のいざこざで若干で遅れ気味か。
frederick.pngフリードリヒ:神聖ローマ皇帝。宗教同盟国。別大陸の初めての同盟国。どうも割と近いので交易路も伸ばせそう。
wilhelmina.png ウィルヘルミナ:オランダの女王。アレクに勝ち首都を奪った剛の者。まだまだ伸びてくるぞここは。
alexander.png アレクサンドロス:マケドニアの大王。友好国。彼の没落シローという声には物悲しいものを感じた。

目次 Edit

大自然の試練/トップページ
大自然の試練/1_穏やかな始まり
大自然の試練/2_中世開拓史
大自然の試練/3_繋がり始めた世界←現在のページ
大自然の試練/4_変化する世界←次のページ
大自然の試練/5_試される大陸-前編
大自然の試練/6_試される大陸-後編
大自然の試練/7_本当の勝利
大自然の試練/8_あとがきと感想

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • アレクカワイソス -- 2019-02-23 (土) 19:44:57
  • モアイモアイツヨイツヨイ -- 2019-02-23 (土) 20:26:53
  • エンマーイ -- 2019-02-23 (土) 23:42:51
  • キンニクモリモリカメハメハ! -- 2019-02-24 (日) 02:05:15
  • ポリネシア人のマオリの戦士さん来るシド星間違ってますよ -- 2019-02-24 (日) 09:14:44
  • GSでAIはぬるくなったと聞いたが、なかなかどうして情熱大陸 -- 2019-02-24 (日) 21:40:27
  • モアイの人気すごい・・・。新しく追加されたモアイは沿岸か広い土地こそ必要ですが文化力が簡単に出て楽しくて強かったです。AIについては遺産の優先順位と異常な兵営軽視をすること以外はRaFとの差はまだよくわからないことが多いです。 -- zlkd3xw2q0? 2019-03-12 (火) 23:55:50
お名前:


このエントリーをはてなブックマークに追加