編集 | 凍結 | 差分 | バックアップ | 添付 | ページ名変更 |
最終更新: 2018-09-10 (月) 11:10:58
FrontPage / プレイレポ / RaF / このシド星に黄金の自由を / 5_黄金の事由編2

プレイレポ/RaF/このシド星に黄金の自由を/5_黄金の事由編2 Edit

終わらない黄金の事由 Edit

01_黄金時代継続.jpg
210ターン目。近代に入ったところから再開。
02_黄金の事由は手放せない.jpg
公約は相変わらず戦闘準備!を選択する。黄金の宣戦事由は手放せません。
jadwiga.png「黄金の自由とだいぶかけ離れていっている気しかしませんね。」
03_早速集結.jpg
同ターン。旧インド領とコンゴ領の国境に軍を集結させる。なおコンゴのstrength.png軍事力は非常に低いです。
04_次の戦い.jpg
john_curtin.png「また戦争か?だが見返りは貰うぞ。」
翌211ターン目。オーストラリアに多少の金銭や資源を渡して共同戦争。やはり横腹を突かれたくはないのです。
mvemba.png「おのれ!この血に飢えた蛮族どもめ!」
jadwiga.png「実はコンゴさん。この時点で自分から戦争を起こした回数は我々より多いです。」
05_海軍の本領.jpg
今回の戦争からは戦艦も攻撃に参加できます。海に近い都市は攻略が捗ります。

やりたい放題 Edit

06_ンブウィラ制圧.jpg
同211ターン目。ンブウィラ制圧。北に見えるパトナもすぐ落とせます。
07_壊れた友情.jpg
jayavarman.png「貴殿は危険すぎる。」
同ターン。やりたい放題オラついていますのでクメールがついに非難声明。友情は完全に壊れました。
08_パトナ制圧.jpg
212ターン目。旧インド都市パトナ制圧。位置関係から解放はしません。それに彼を生き返らせるのはちょっと...ね。
gandhi.png「そんなひどい。」
jadwiga.png「もう出てこないでください。お願いします。」
09_アーマー解放.jpg
同ターン。旧宗教都市国家のアーマー解放。遺産なども見えるが聖地の数的に解放のほうが信仰力は増すはず。
10_天界の軍勢.jpg
213ターン目。flight.png航空技術の研究完了。飛行場と複葉機及び観測気球が作成可能に。せっかくなので飛行場も作って空軍創設を目指したい。
bomber.png天界の軍勢(信仰の守護者付きの飛行機)とか妄想する。空軍が間に合えば執筆者はとても嬉しいなって。
jadwiga.png「常に工兵を抱えるのが望ましいポーランドと航空機の相性は良好ではあります。間に合うかは別の問題ですが・・・」

一方的な蹂躙 Edit

11_クイラ制圧.jpg
同ターン。クイラ制圧。向こうにも戦艦などが見えるが数も質もこちらが圧倒している。
12_メルボルン解放.jpg
さらに旧オーストラリア都市のメルボルン制圧。せっかくなので解放しておく。
john_curtin.png「解放してくれたか!感謝しよう。」
13_第10都市グダニスク建設.jpg
インド戦争で保護した開拓者がいたので南の小島にグダニスクを建設させる。シュメールに若干ケンカを売っている。
gilgamesh.png「現時点では特にそんなことに構ったりはしないぞ」
14_キンシャサ制圧.jpg
214ターン目。キンシャサ制圧。これで海軍は任務完了。エア島やオーストラリアがある大陸西海岸に移動させる。
15_ンバンザ・コンゴ制圧.jpg
同ターン。コンゴ首都ンバンザ・コンゴ陥落。グレートジンバブエ遺跡をゲット。

コンゴ撃破 Edit

16_コンゴの今後.jpg
コンゴの残る都市はンバンビのみ。コンゴの今後は如何に?
jadwiga.png「タイトルにしろオヤジギャグが今の流行りなのですか?」
17_友好は有効に.jpg
pedro.png「どうかね?再び手を取り合っていこうじゃないか。」
214ターン目のAIターン。ブラジルから友好宣言の再締結の申し入れ。ここで受け入れた場合、最短で245ターンまでは制覇勝利はお預けとなる。
しかし今回は受け入れておく。この友好は有効に使っていきたいと思います。
jadwiga.png「執筆者のために日々祈っています。もう少し気の利いたことが言えるようにと。」
18_全体主義の完成.jpg
215ターン目。totalitarianism.png全体主義の研究完了。政治体制のファシズムが解禁される。これでここまでのオヤジギャグもすべて肯定されるだろう。ハイル・ヤドヴィガ!
jadwiga.png「寒いギャグを私が言ったかのような卑劣な印象操作をするのも独裁っぽいですね。」
19_ファシズム解禁.jpg
早速ファシズムを採用。ポーランドの特性でワイルドカード多めなのでまあまあ使いやすい。そして政府複合施設では国防省の建設も始めさせる。
jadwiga.png「国防省は全ユニットがユニットを倒すとHPが20回復するという効果を得るので出来上がればより進軍が捗ります。」
20_ムバンビ制圧.jpg
同ターン。コンゴ最後の都市ムバンビ制圧。ここまで開戦より5ターンでした。
jadwiga.png「大砲の解禁以降、講和すら許さない程の進軍スピードを手に入れました。」
21_コンゴ滅亡.jpg
mvemba.png「私には見えるぞ!きらびやかに着飾ったその下には野蛮な・・・」
jadwiga.png「衣装の下が分かるという事ですか?それってつまり・・・」
jadwiga.png「キャアァァアアア!ヘンタイーーー!!」
mvemba.png「なっ!違っ・・・」(オサエロ! (ナントイウブレイヲ!
jadwiga.png「危ないところでした。」

215ターン目。コンゴ滅亡。技術はあっても&ref(アイコン/ミニアイコン/strength.png);戦闘力をマシマシされた大砲の前では脆いもの。

クメール戦争 Edit

22_次の獲物.jpg
216ターン目。目の前に早速おいしそうなものが見える。これはやるしかない。
jadwiga.png「順調に蛮族に成り下がっていますね・・・」
23_使えるものは使おう.jpg
john_curtin.png「またまた戦争か。見返りはあるのだろうな?」
またもやオーストラリアを誘ってクメールに黄金時代宣戦。オーストラリアを誘ったのは横腹を以下略。
jayavarman.png「人のものにそれほど執着するとは。貴殿は清い生き方というものを知らぬのか?」
jadwiga.png「遺産への執着を捨てようともしない貴方も貴方ですけどね。」
24_ハリハララヤ制圧.jpg
というわけで同ターン。ハリハララヤ制圧。ストーンヘンジはここにあったのね。
25_首都アンコールトム陥落.jpg
217ターン目。クメール首都アンコールトム陥落。アルハンブラ宮殿やビッグベンなどがあった。これで国力が大幅に増す。
jadwiga.png「ここまでくると内政だけでも圧倒できそうですね。」
26_政策いっぱい.jpg
政策がたくさん採用できる。これなら最後までファシズムで突っ走って行けそうです。
27_共通規格完成.jpg
218ターン目。ポーランドでも共通規格が完成。マスケット君が一気に強くなる。
28_ヤソドハラプラ制圧.jpg
同ターン。ヤソドハラプラ制圧。ここから軍を東西の二手に分ける。
29_カンポン・スベイ制圧.jpg
更に同ターン。カンポン・スベイ制圧。この東がシュメールのようだが山岳で完全に分断されている。
gilgamesh.png「山岳西に一つだけ我らの都市があるぞ。それ以外は山岳でほぼ分断されているぞ。」
30_アマレンドラプラ制圧.jpg
219ターン目。アマレンドラプラ制圧。ここからはツンドラ都市と雪原都市だらけである。

さらなる力、もう一つの力 Edit

31_聖戦の準備.jpg
220ターン目。今更ながらポーランド本国では使徒の生産を開始している。軍事以外の勝ち筋も用意するに越したことはないです。
jadwiga.png「最終的にモクシャ総督はポーランド本土に置いています。ここがシュメール及びブラジルの中間なのです。」
32_プレアヴィヒア制圧.jpg
同ターン。プレアヴィヒア制圧。ハギア・ソフィア大聖堂があるようです。
33_内燃機関.jpg
221ターン目。内燃機関の研究完了。これで我らがフサリアとも別れの時が訪れた。
34_戦車完成.jpg
というわけで戦車完成。世界初だったらしい。AIの戦車嫌いは異常。

クメール終了 Edit

35_チャトルムカ制圧.jpg
戦場に話を戻してチャトムルカ制圧。
36_リンガプラ制圧.jpg
さらにリンガプラ制圧。クメール南部はツンドラと氷原だらけである。
37_バーヴァプラ制圧.jpg
翌222ターン目。バーヴァプラ制圧。次が最後。
38_インドラプラ制圧.jpg
最後の都市インドラプラ制圧。これでクメールの都市はすべて制圧。
39_クメール滅亡.jpg
jayavarman.png「人は敗れて謙遜を知るもの。あなたが誰より謙遜を知ることを願おう。」
jadwiga.png「これまでに会った人の最後の言葉からすると我々が敗れたら大変な思いをしそうですね。」

222ターン目。クメール滅亡。また変な顔が撮れてしまった。

最後の戦いに向けて Edit

40_二つの勝利.jpg
ここでポーランドが宗教でもトップに躍り出ました。religion_strength.png改宗したのは自文明のみですが。
41_圧倒的ではないか.jpg
制覇勝利のほうは今これで4文明をK.Oし、あと三文明のようです。さてどのような勝利を目指すのか。
それにしてもここまでで実はまだ12ターンしか経ってない。こんなところで露骨な尺稼ぎをしていて大丈夫なのか?
jadwiga.png「次回で決着をつけるので特に問題はありません。というわけで次回、最終回です。」

登場人物紹介 Edit

jadwiga.pngヤドヴィガ:本作のヒロイン(主人公的な意味で)にしてツッコミ役。本プレイレポでは真面目ぶっているが、ちょいちょい辛辣、まれに腹黒。
robert_the_bruce.pngロバート・ブルース:スコットランドの元国王。故人。工業には興味が薄かったようで旧スコットランドは思ったより生産力が乏しい。
pedro.pngペドロ二世:ブラジルの皇帝。頼れる軍事同盟国。世界中に伝道師やら海軍やら派遣しているので視界確保が捗って助かります。
jayavarman.pngジャヤーヴァルマン七世:クメールの国王。遺産厨なのでおいしく頂かれた。出会いと別れの両方で変顔を取られたかわいそうな人。南無。
gandhi.pngガンジー:平和と核を愛する男。故人。防衛用の兵営をしっかり用意していたようで、旧インド領は大陸制圧の拠点として働いている。皮肉。
gilgamesh.pngギルガメシュ:ウルクの王にして伝説の勇者。経済同盟国。今回は伸び悩まずにテクノロジーは依然トップ。軍事力でもいまだトップ。強い。
john_curtin.pngジョン・カーティン:オーストラリアの首相。よき強敵。ポーランドにいいようにコントロールされていることに気づいているのだろうか?
mvemba.pngムベンバ・ア・ンジンガ:コンゴの国王。ポーランドの正体を看破する前に歴史の闇に葬られた。なお大量の傑作も歴史の闇に葬っていった模様。

目次 Edit

このシド星に黄金の自由を/トップページ
このシド星に黄金の自由を/1_宗教創始と内政
このシド星に黄金の自由を/2_神からの試練
このシド星に黄金の自由を/3_英雄たちの時代
このシド星に黄金の自由を/4_黄金の事由編1
このシド星に黄金の自由を/5_黄金の事由編2←現在のページ
このシド星に黄金の自由を/6_最後の聖戦←次のページ
このシド星に黄金の自由を/7_あとがきと考察

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • このレポではずっと戦争していましたが、200T大砲大軍団ラッシュは強いですよね。続きお待ちしています。 -- 2018-09-03 (月) 18:04:19
    • 世界征服もさほど時間はかからないので大砲ラッシュは強いと思います。
      今のバージョンだとAIとの後半の戦争はユニットより都市との戦闘が多いのも追い風になっている感じはします。 -- zlkd3xw2q0? 2018-09-10 (月) 11:18:35
お名前:
このエントリーをはてなブックマークに追加
トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 ページ名変更 リロード   新規 ページ一覧 単語検索 最終更新   スマホ版表示に変更   最終更新のRSS