編集 | 凍結 | 差分 | バックアップ | 添付 | ページ名変更 |
最終更新: 2018-09-08 (土) 01:25:15
FrontPage / プレイレポ / RaF / このシド星に黄金の自由を / 2_神からの試練

プレイレポ/RaF/このシド星に黄金の自由を/2_神からの試練 Edit

暗黒の中世と開拓の日々 Edit

01_暗黒の中世.jpg
90ターン目。中世で暗黒時代に陥ったところから再開。
02_福音に頼ってみる.jpg
公約は福音の旅路(都市を始めて改宗させるたびに時代スコア+2)を採用。多分これが一番スコアを稼げるはず。
03_第五都市ボズナニ建設.jpg
92ターン目。ヨセミテ左上に第五都市ボズナニを建設。ツンドラ気味で苦しい土地だがヨセミテから少しscience.png科学力が出るのでそれを期待。
04_第六都市ブオウツク建設.jpg
翌93ターン目。南の沿岸に第六都市ブオウツク建設。一つ右の酒直上でもよかったが右下にもう一つ都市をねじ込みたいのでこちらに。
なおこの位置はブラジルとスコットランドに近いところである。よって...
05_クレーム1.jpg
pedro.png「コラッ!」
ブラジルからクレーム。ごめんねー。
06_クレーム2.jpg
robert_the_bruce.png「やめんか!」
スコットランドからクレーム。すまんすまん。
07_友好しておく.jpg
pedro.png「友好?構わないぞ。これからよろしく。」
95ターン目。ブラジルと友好宣言。後の同盟に繋げたい。
08_兵営そして神殿.jpg
同95ターン目の様子。国内では兵営と神殿を建設中。どちらも今回の戦略では重要な区域であり建造物である。
jadwiga.png「更にポーランドの兵営は文化爆弾効果があります。これで強タイルを奪うことができるので開拓は柔軟に行えます。」
09_宗主国の座ゲット.jpg
翌96ターン目。外交官総督を派遣していた事もあり、faith.png宗教都市国家ラ・ヴェンタの宗主国となる。この座は何とかして維持したい。
jadwiga.pngfaith.png宗教都市国家はこの戦略で最も重視すべき都市国家です。」
10_最初の黄金の自由.jpg
更に翌97ターン目。ビドゴシェチで兵営が完成しバビロンに文化爆弾+改宗を発動。このヤドヴィガUAの改宗でも公約のスコアを稼げるようです。
11_封建制度完成.jpg
そして翌98ターン目。封建制度が完成。ポーランドは平地になりやすいので農場を作りやすく、農場6つのブーストは得やすかったです。

次の出会いと基礎固め Edit

12_二つ目キャンパス.jpg
少し飛んで102ターン目。二つ目のキャンパス(science.png+5)を首都に作成。足りないscience.png研究力を少しでも補いたい。
13_クメールと遭遇.jpg
jayavarman.png「はじめましてこんにちは。」
同ターン。他大陸の文明と思われるクメールのジャヤーヴァルマン7世と遭遇。なんか変な顔での登場が撮れてしまった。まっいいか。
jayavarman.png「(なんだか無礼なことをされたような?まあ気のせいだろう。)」
14_軍事工学完成.jpg
105ターン目。重要技術のmilitary_engineering.png軍事工学の研究完了。工兵と武器庫が作成可能となり硝石の位置が明らかとなる。
15_硝石は1.jpg
自文明の周辺に硝石が結構あることを確認。クラクフの東のツンドラ地帯と都市国家バビロンの右側にあるようだ。
jadwiga.png「これでマスケット兵や射石砲で困ることはなくなっています。硝石がない場合はサブプランを決行する予定でした。」
16_硝石は2.jpg
更にブオウツクの東にもあるようだ。余裕があれば都市のねじ込みを狙う。
17_いいキャンパス.jpg
飛んで112ターン目。クラクフのキャンパスが完成。時代スコアの足しにする。
18_現在の総督事情.jpg
同ターン。現在の総督事情を確認。マグナスのみ一つレベルアップを取得。あとは種類をそろえていく方向で進めています
19_好感度高め.jpg
113ターン目のクメールとの外交事情を確認。緑文字のほうが多いので友好を狙ってみる。
20_クメールと友好.jpg
jayavarman.png「友好ですね。よろしいでしょう。」
115ターン目。クメールと友好宣言。友好国は一つでも多いほうがよい。

着々と地盤を固めたい Edit

21_審問じゃあ.jpg
116ターン目。使途を消費して異端審問を開始。信仰を広めて教義を増やすのは後回しでいいと思う。
22_人口10達成.jpg
117ターン目。クラクフがpeople.png人口10になる。人口は区域周りが苦しいこのプレイの序中盤においては重要な要素。
23_公務員制度完成.jpg
というわけで、半分文化を注いでおいた公務員制度が完成。同盟を組めるようになった。
24_少しヒッタイトを作成.jpg
このタイミングで起動戦(太古古典の騎兵ユニットのproduction.png生産+50%)を採用しヒッタイトチャリオットを3ユニットほど作成する。
25_ブラジルと軍事同盟.jpg
pedro.pngstrength.png軍事同盟はゴールドをくれ。」
あらかじめ友好宣言をしておいたブラジルとstrength.png軍事同盟を締結。少しゴールドを取られているが安い買い物。
26_クメールと研究同盟.jpg
jayavarman.pngscience.png研究同盟?よろしい。」
クメールともせっかくなので同盟。とりあえずscience.png研究同盟としておく。
27_傭兵完成.jpg
120ターン目。ヒッタイトチャリオット三体でユニット数が8体となったので&ref(): File not found: "mercenaries.png.60%" at page "アイコン/社会制度";傭兵が完成。これでフサリアが作成可能に。
28_王権神授説完成.jpg
122ターン目。王権神授説が完成。君主制を選択可能に。
29_ひとまず君主制.jpg
とりあえず君主制を採用。神権政治までのつなぎのようなものですがこれで政府複合施設の二つ目の建造物を建設可能になります。
jadwiga.png「最重要建造物のgrand_masters_chapel.pngグランドマスターの礼拝堂をなるべく早く作成します。」
jadwiga.png「なお建造物はこの時点で作成ができるので残り1ターン止めができます。うまく利用しましょう。」

動き始める時代 Edit

30_第七都市タルヌフ建設.jpg
123ターン目。クラクフの東に第七都市タルヌフ建設。これで硝石が供給可能に。ついでにスコットランドと戦う場合の前線基地にも。
31_大陸違うってさ.jpg
タルヌフは首都とは別の大陸らしい。スコアを多めにもらえます。
32_クレーム無視.jpg
robert_the_bruce.png「またか!」
当然スコットランドからクレームが入るがもうあちらからの外交感情はどうでもいいので無視する。
33_助けて大将軍.jpg
戦争準備としてgreat_general.png大将軍の偉人ポイントを注視していましたが、今この時点でfaith.png信仰力を払えば何とかなりそうです。
34_神から遣わされた.jpg
というわけでfaith.png信仰力を代償に同123ターンに中世のgreat_general.png大将軍エゼルフリダを獲得。
35_お祈りパワー.jpg
半分以上をfaith.png信仰力で賄ったので時代スコアがもらえる。これは結構大事なポイント。
36_目指す技術は.jpg
この時点の研究ツリー。軍事工学のあとは徒弟制度や教育を研究していました。自分でそれらを作って内政をするという意味合いよりも
奪った都市にそれらがあった場合に活用できるようするためといった意味合いが強いでしょうか。ここからは下ルート気味に進めます。
jadwiga.png「結果から言うと徒弟制度はともかく教育をここで取ることは残念ながらあまり意味がありませんでした。」
37_ギリギリのスコア.jpg
126ターン目の時代スコアの様子。黄金時代を迎えるにはあと1ポイント必要です。公約のスコアは改宗でもらえるのでそれを目指します。
38_審問発射.jpg
129ターン目。ボズナニに審問官を送って改宗。これでスコアがもらえるはずです。
39_ギリギリ届く.jpg
というわけで65ポイント越えを達成。ルネサンスまではあと1ターンだけなのでギリギリの達成。危なかった。
40_ルネサンス英雄時代へ.jpg
翌130ターン目。世界はルネサンス時代へ。我がポーランドは英雄時代となっていきます。といったところで次回に続きます。

登場人物紹介 Edit

jadwiga.pngヤドヴィガ:本作のヒロイン(主人公的な意味で)にして解説役。AIとして出た場合はやや草食系だがその特性と能力は肉食系そのもの。
robert_the_bruce.pngロバート・ブルース:スコットランドの国王。ここも宗教を創始したようだ。この時点でほぼロックオンされる。髭ダンディその1。
pedro.pngペドロ二世:ブラジルの皇帝。偉人と宗教だけでなく軍備好きでもあるようだ。今回から仲間になりました。髭ダンディその2。
jayavarman.pngジャヤーヴァルマン七世:クメールの国王。新たな仲間。おそらく最大の宗教国のようだ。写真写りが悪い登場となってしまった。

今回の戦略の補足_2 Edit

jadwiga.png「プレイレポ本文に書き切れない部分の補足を書くそうです。今回は区域についてです。」

ポーランド宗教プレイでの区域の考え方 Edit

解禁が早い順に、この時点で建てられる区域についての執筆者の考えです。

聖地 Edit

まず首都には建設する。というより首都で作らないと宗教創始が間に合わない。その後はもう一つどこかの都市に作っておく。
これは王権神授説のブーストである、神殿二個を満たすため。今回のプレイでは合唱曲を採用しているため適当に建てても結構強い。

兵営 Edit

ポーランドの能力を活かすにはどこかの都市に一つは必要。また、建てた都市ではゴールドや信仰力によるユニット購入が安くなるため
即金や信仰力で一気にユニットを揃えたいときの効率が兵営が有ると無いでだいぶ変わってくる。また大将軍を採用するためにも必要です。
兵営は建造物が生産力や少しの住宅を供給してくれる上で政策のベテランで建設のブーストが可能なことも加味すれば弱い区域ではない。
総じてまず一つ作り、余裕や必要があれば二つ目も建ててよい区域。ただし商業や港よりは優先度は低め。

キャンパス Edit

どの時代で仕掛けるかで必要な数が変わってくる。古典(剣士)なら不要。中世(騎士)は一個あってもよさそう。ルネサンスなら二個ないと苦しい。
ちなみに二個あると歴史の記録のブーストと印刷のブーストである大学二個を満たせるようになる。しかし、基本的には侵攻先のキャンパスや
人口を奪う形で科学力は補っていきたい。

政府複合施設 Edit

これについては長くなるので下に。

劇場 Edit

基本的にはこちらよりも合唱曲で文化力も賄える聖地が優先。ただし遺産がたくさんある都市や文化勝利への道筋が見えた場合は別。

商業 Edit

制覇狙いでもあるのでユニットの維持費捻出や交易路での外交と内政強化があるので優先度はかなり高い。だがこれが解禁されるタイミングは
区域制限で区域周りがカツカツになりがちなので後回しになってしまう場合がある。先を見据えた内政を。

Edit

商業とほぼ同じだがマップタイプによっては海軍が欲しいシチュエーションもあるのでその場合商業より少しだけ優先度は高い。

統合娯楽施設 Edit

区域枠があまりにもきついので建てられない。コロッセオは完全にあきらめる。

用水路 Edit

これは区域というより建造物に扱いは近い。これの建設が重要技術軍事工学のブースト条件なのでどこかしらに一つ建設する事が多い。
また住宅増加で人口が増えやすくなり、公務員制度のブースト条件の人口10人を達成しやすいのも見逃せないポイント。

工業 Edit

解禁が遅い。建てられそうなら建てるに越したことはないが、商業・港区域のほうが基本的には優先。最悪兵営区域がある程度は代用になってくれる。
海軍が必要なマップの場合はアルセナーレ・ディ・ヴェネツィアの条件であることを忘れない事。

政府複合施設についていろいろ Edit

この区域については長くなるので分けて書きます

この区域の意味 Edit

いまいち恩恵がわかりにくいこの区域ですが執筆者はこの区域の事を区域枠を占有する旧Civでいうところの国家遺産だと解釈しています。
今回の戦略の要としてグランドマスターの礼拝堂を使っていくのでこれをすぐに建てられるように準備をしておくために執筆者はこの区域を
優先して建てています(何かしらラッシュを狙っている場合は除く)。更に建てられる建造物も極力早めに建てます。

第一段階の建造物 Edit

初期に建てられる三つの建造物ですが、周りの状況やいつ戦争を仕掛けるかによって建てる建造物は変わります。騎士あたりから戦争し続けるなら
将軍府は強く、資源や土地がない上である程度内政せねばいけない状況では謁見の間の住宅大幅増加がありがたく、今回のようにそれなりに有用な
空き地だらけならば祖廟が便利です。

第二段階の建造物 Edit

現時点で個人的にはグランドマスターの礼拝堂が最も優秀です。これは宗教創始を用いらない場合でも制覇勝利狙いならば奪った土地から産出される
信仰力をかなり有意義に使える点で優秀です。次に優秀なのは諜報機関です。単純にスパイ増加+時間短縮は何かとありがたく便利です。
外務省はちょっと扱いに困ります。都市国家がそれほど生き残ってくれず、それがいい位置にあるとも、兵士が揃っているとも限らないのです。

第三段階 Edit

どれも勝利に大きく前進する効果です。スキタイに似た特性を得られる国防省は侵攻にかなり役立ってくれます。これが有ると無いとで戦場での
白兵系ユニットの継戦能力がだいぶ違ってきます。国立歴史博物館は単純にスロットが多く文化勝利に一役買ってくれます。最後に王立協会ですが
これは科学勝利に大きく貢献してくれます。

レガシーの解禁と仕様 Edit

この区域で建造物が建った時にレガシーが解禁されるのでそれを見越して政治体制を準備しておきます。もしレガシーが欲しい政治体制でない
場合は1ターンで完成する段階などで止めておき、変更したのちに建造物を完成させれば問題は起きません。少しこのことを応用して執筆者は
グランドマスターの礼拝堂を建設する時、君主制の内にあらかじめ生産力をつぎ込んでおき、神権政治の解禁後に即完成させることで欲しかった
神権政治のレガシーを手に入れています。

区域周りまとめ Edit

ポーランド宗教プレイの場合は聖地・兵営・政府複合施設をうまくミックスさせていく。それ以外の区域は区域制限を考えつつ必要な順に建てていく。
jadwiga.png「やや適当なまとめですが状況によって適切な内政は変わるので絶対の正解を導くのは難しいのです。」

目次 Edit

このシド星に黄金の自由を/トップページ
このシド星に黄金の自由を/1_宗教創始と内政
このシド星に黄金の自由を/2_神からの試練←現在のページ
このシド星に黄金の自由を/3_英雄たちの時代←次のページ
このシド星に黄金の自由を/4_黄金の事由編1
このシド星に黄金の自由を/5_黄金の事由編2
このシド星に黄金の自由を/6_最後の聖戦
このシド星に黄金の自由を/7_あとがきと考察

コメント Edit

コメントはありません。 Comments/プレイレポ/RaF/このシド星に黄金の自由を/2_神からの試練?

お名前:
このエントリーをはてなブックマークに追加
トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 ページ名変更 リロード   新規 ページ一覧 単語検索 最終更新   スマホ版表示に変更   最終更新のRSS