編集 | 凍結 | 差分 | バックアップ | 添付 | ページ名変更 |
最終更新: 2024-05-05 (日) 11:29:14
FrontPage / プレイレポ / NFP / 遺産厨の狂宴〜無聖地ストヘン宗教始皇帝(天命)で172T文化勝利〜

遺産厨の狂宴〜無聖地ストヘン宗教始皇帝(天命)で172T文化勝利〜 Edit

「初心者は遺産を建てるな」
こういうセリフをよく聞くが、じゃあこのゲームに慣れている人間は遺産を建てたくないのか?
そんなことはない。我慢してるだけだ。だから、たまに始皇帝(天命)で遺産欲を発散する必要がある。

始皇帝(天命) Edit

china.pngchina_kublai.png中国

王朝の盛衰eureka.pngひらめきとinspiration.png天啓によるブーストは40%ではなく50%になる。
世界遺産の建設を完了した際にその遺産と同じ時代のeureka.pngひらめきとinspiration.png天啓をランダムに1つ獲得する。
虎蹲砲「機械」で解禁される中国固有の長距離戦闘ユニット。
strength.png近接戦闘力30、longrange_strength.png長距離戦闘力50、range.png射程1、move.png移動力2
長城「石工術」で解禁される地形改善。
国境沿いにのみ建設可能。火山性土には建設可能。
gold.pngゴールド+2
隣接する長城1つにつきgold.pngゴールド+2
「城」研究後は隣接する長城1つにつきculture.png文化力+2
「航空技術」研究後はculture.png文化力産出と同量のtourism.png観光力を産出する。
この改善にいるユニットは防御時strength.png戦闘力+4
自然災害による被害で略奪状態になるが、破壊されることはない。

qinshihuang.png始皇帝(天命)

最初の皇帝労働者の労働力+1
建設中の太古・古典時代の世界遺産にユニットの労働力を1消費することで建設コストの15%に相当するproduction.png生産力を与えれる。
「石工術」研究完了時に運河区域が解禁される。

労働者が強い&労働者を使って古代遺産を建てられる。

このゲームの太古遺産はどれもぶっとんだ強さを持っているが、神ではAIとの建設競争に勝つのが難しいものが多い。加えて、開拓者は出すターンが早ければ早いほど強いので、太古における開拓者と遺産の二者択一を迫ってくるシステムは上手いことできている。

だが、普段は建てられない高根の花だからこそ誘惑も強いのだ。立地によっては、やれストヘンだ、エテメンだ、アポロンだ、などと手を出しては建設競争に負けてメインメニューに戻ったことは数えきれまい。

しかし、始皇帝(天命)のUAをもってすれば、そうしたぶっ壊れ太古遺産も手に入るのだ。そんな始皇帝(天命)は強くはないかもしれない、湧き位置によっては遺産の建設条件が満たせなくて即メインメニューに戻ることもあるかもしれない、が、たまにやって適当プレイですごく楽しめる良指導者である。

設定 Edit

本編に入る前に自分の設定を紹介します。大きな戦法などは完全標準ルールと同じですが細かい違いが多々あります。

難易度:神   災害レベル:3   初期都市国家:4    文明数:12
スピード:標準    マップタイプ:小大陸    マップサイズ:標準    資源:豊富    惑星の年齢:新しい    開始場所:伝説的    降雨:湿潤    海水位:低
ゲームモード:蛮族の部族モードON

通常ルールと異なる点で重要なのは

標準ルールよりも内政勝利は簡単に、宗教・制覇勝利は面倒になっています。

このルールで早期の内政勝利(科学180T以下、文化170T以下が目安)を目指していろんな文明で遊んでいます。RPしやすいマップがよく出る設定だと自負しています。また、海文明も陸文明も強くて楽しいので、是非みなさんもこの設定で内政勝利をやってみてください。特に麗妃の変貌ぶりがすごい!

あ、あとswitchでやってるので、AIの思考などがもしかしたら異なるところもあるかもしれません。Switch版はマップサイズ標準(デフォルトより一個大きい)だと200T前後からクラッシュの危険が出てくるので、必然的に早期勝利を目指すことになりますw

また、1年近く前のゲームをスクリーンショットだけを頼りに過去の自分の意図を再現して思い出しつつ書くので、細かいところやスクリーンショットに残っていないところは解説等が足りない場合があります。そして、見返すと下手だなと自分で感じるところもそれなりにあります。ご了承ください。

方針策定 Edit

方針.好肇悒鷭ゞ気料六蓮狙暫呂魘化する信仰と聖地がいらない信仰〜 Edit

指導者UAは労働者を高効率で遺産に変えられるというもの。そして、黄金時代の公約「不朽」により労働者は信仰力で購入できる。
つまり、始皇帝は信仰力で遺産を購入できるといってもよい。
だから、信仰出力を確保することは非常に重要である。

信仰出力を確保するために、まずはストヘンを建てる。

stonehenge.pngストーンヘンジ

コスト建設条件解禁技術
production.png180丘陵は不可
石材に隣接
占星術
効果
faith.png信仰力+2
建設を完了した際にgreat_prophet.png大預言者(宗教創始後の場合は使徒)を1ユニット獲得する。
大預言者は聖地の代わりにストーンヘンジで宗教を創始することができる。

湧き場所に石材がなかったら建たないのでリセマラする(自分はswitch勢でリセマラにとんでもない時間がかかるので、その間にプレイレポ書いてる)。どうせB級指導者だし、そんなガチらずどんどん次の星へ行こう。

人によってはストヘンの評価が非常に低いが、個人的には建てばすごく強いと思っている。仮に建つことが保障されていたら、立地や使用文明によっては一人目の開拓者より優先するケースもそれなりにあるだろうな、ってくらい強いと思っている。

高評価の理由を説明するには「信者の信仰」について説明する必要がある。以下が採用圏内の信者の信仰だ。

follower_beliefs.png
信仰
説明
イエズス会による教育faith.png信仰力を使ってキャンパスと劇場広場の地区建造物を購入できる。
この世界に糧を社と神殿1つごとにfood.png食料+3、house.png住宅+2。
合唱曲社と神殿が持っているfaith.png信仰力と同量のculture.png文化力を供給する。
聖骨箱relic.png遺物とrelic.png英雄の遺物が生み出すfaith.png信仰力とtourism.png観光力が3倍になる。
2つの専門区域を持つ都市のfacility.png快適性+1。
天の啓示全ての世界遺産からfaith.png信仰力+4。
労働倫理聖地区域の隣接ボーナスとしてfaith.png信仰力だけでなくproduction.png生産力も得られる。

こう見ると、信者の信仰は聖地を強化する糧、合唱、労働倫理と聖地がなくとも恩恵を受けられるイエズス、天の啓示、禅の二種類あることが分かるだろう(聖骨は聖骨というくくり)。

聖地を強化する信仰は聖地を建てないと恩恵を受けられないので多くの都市に聖地を建てることとなる。占星術が区域解禁技術としてはぶっちぎりの早さを誇ることもあり、聖地は非常に低コストで建てられることが多い。
そのため、初手占星術から聖地を3〜4つ建ててコスト激安のディスカ始動区域とし、さらに信者の信仰でその聖地を強化するというムーブは合理的で非常に強いように一見思われる。
実際、180T前後までゲームがもつれ込むならば、ほとんどのゲームで創始する元が取れるだろう。まして、200T以上かかるような超ロングゲームを想定するならば創始し得な側面はある。

しかし早期勝利を目指す場合、聖地に区域枠を割く負担は極めて重く元を取るには意外と条件がシビアだ。
激安コストでディスカ始動ができるうえ、人口4まではすぐに到達するから二区域目までは聖地始動は生産力の面でも強い。だが、人口7になるまでは時間がそこそこかかるので交易路による食料&生産orゴールド、劇場や工業による偉人ポイント、娯楽&コロッセオによる快適などを得るのが遅れることが中盤に響いてくる。また、労働倫理で創始する場合はパンテオンの枠を食うことが多いのも辛いところだ。

それに対し、聖地を建てずとも恩恵が受けられる信仰は、聖地に区域枠を割かない都市でも恩恵が受けられるため区域枠的な負担は軽いように思われる。
だが、今度は創始のために建てた聖地が強化されず微妙な性能にとどまることが問題となる。聖地が微妙な性能ならば創始のために建てる聖地数を絞って祈祷すればいいのでは?と思う方もいるかもしれないが、そうすると今度は聖地がディスカウントの種にならないうえに主力都市の区域枠一つを雑魚聖地で食い潰すという大問題が発生する。

よって、聖地強化系、聖地なしでもOK系、どちらの信者の信仰をとるにしても早期勝利前提ならば創始して元が取れるかどうかが絶妙なバランスに仕上がっている。

そうした難しい判断を一気に解消してくれるぶっ壊れ世界遺産がある。
ストーンヘンジだ。
これが建つならば、聖地0でイエズス、禅、天の啓示のいずれか+創始者の信仰による恩恵が手に入る。あまりに強い。
聖地を解禁してしまうというデメリットこそあるが、それも港始動ディスカをするなら関係ない(始皇帝はディスカウントは使わないが)。

しかも、天の啓示の効果を見てほしい。始皇帝のためにあるような信仰ではないか!
よって、ストヘンだけ建てて聖地を建てずに天の啓示宗教を創始して信仰源とする。ここまでは確定だ。
しかし、宗教は広まらないと恩恵を受けられない。聖地を建てずにどうやって自国全都市に宗教を広めるのか?これにも秘策はある。

方針⊇ゞ気鮃めて創始者の信仰の恩恵を受ける〜初手モクシャで人口1都市改宗祭り〜 Edit

さて、宗教創始には信者の信仰以外にも創始者の信仰というメリットも存在する。

founder_beliefs.png
信仰
説明
異文化対話この宗教の信者4人ごとにscience.png科学力+1。
十分の一税この宗教を信奉している都市1つにつきgold.pngゴールド+3。
巡礼この宗教を信奉している都市1つにつきfaith.png信仰力+2。
世界教会運動この宗教の信者4人ごとにculture.png文化力+1。
聖なる大地この宗教を信奉し、かつ世界遺産がある都市1つにつきscience.png科学力、culture.png文化力、gold.pngゴールド、faith.png信仰力+2。

十分の一税と巡礼があまりにも強い。信仰力を生産力に変える手段さえあるのなら巡礼のが強い。自分は創始するときは古典黄金不朽なので基本的には巡礼をとる。
だが、条件が厳しすぎるものの聖なる大地が飛びぬけて恩恵がでかいのがわかるだろうか?そして、聖なる大地の条件を始皇帝ならば満たしやすい。だから、ストヘンを建てて「天の啓示」「聖なる大地」宗教を創始して信仰力源とすることまでは確定だ。

しかし、天の啓示にしても聖なる大地にしても宗教が広まらなければ意味がない。
宗教を広めようにも聖地がないから伝道師はつくれない。
聖地を序盤につくってしまえばストヘンを建てる意味がないし、仮に聖地を建てるにしても信仰力源とするために宗教創始したのにそれを広めるために信仰力を使うなど本末転倒にも程がある。

そこで、総督は初手モクシャとする。個人的には創始するときは総督初手はモクシャが強いことがほとんどだと思ってる。なぜか評価は低い。
モクシャ採用ボーナスの隣接都市への宗教的圧力+100%がほんとに強い。これがあれば、新たに出した都市が人口1のうちに自然伝播させることができる。
モクシャを聖都に置いておかないと、最初のうちは伝播速度よりも人口成長速度のほうが早くて全く宗教が広がらなくなる。
悠長に社を建てて伝道師つくって…なんてやるよりも圧倒的速度で宗教が広まり、速やかに創始者の信仰の恩恵が受けられ、それで得たリソースでさらに拡張していける。

宗教創始するなら初手モクシャが強い。

ここまで決めてきた方針に従って実際にやってみよう。

目次 Edit

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 乙です。ストーンヘンジ使ったことないので楽しみです。 -- 2024-05-12 (日) 14:12:42
  • スイッチほんまに遅いよね・・マップ広げると終盤重いし(でも携帯機の誘惑
    始皇帝は神だと喧嘩売られて遺産建てれずグダるイメージなので期待 -- 2024-05-21 (火) 16:50:11
お名前:


このエントリーをはてなブックマークに追加