編集 | 凍結 | 差分 | バックアップ | 添付 | ページ名変更 |
最終更新: 2016-12-15 (木) 02:54:00
FrontPage / プレイレポ / バニラ / スキタイ騎馬隊の四葉制覇 / 2

プレイレポ/バニラ/スキタイ騎馬隊の四葉制覇 その2 コンゴ燃ゆ Edit

あらすじ Edit

mvemba.png
「オレはコンゴの指導者、ムベンバ・ア・ンジンガ。幼なじみの都市国家リスボンに遊びに行って、馬ずくめの女の怪しげな戦争現場を目撃した。
戦闘を見るのに夢中になっていたオレは、背後から近付いて来る、もう2騎の騎乗兵に気付かなかった。
オレはその馬に突然殴られ、目が覚めたら……」


20161213181406_1.jpg
55T コンゴに宣戦布告

コンゴ戦線1. クァンゴの攻防 Edit

20161213205529_1.jpg
同T 対コンゴ開戦時の状態
まずは定石通り、コンゴの防衛ユニットを討伐します。
その後順にクァンゴ、ンバンザ・ンスンディと北西に向かって侵攻していきます。
敵首都はまだ見えませんが、北西の半島の最奥にあることは分かっています。

現在の我が兵力は
horseman.png騎乗兵×2
saka_horse_archer.png弓騎兵×2
archer.png弓兵 ×2
warrior.png戦士 ×1
首都では騎乗兵を追加生産中です。


adviser.png「目安としては、騎乗兵4〜6、弓騎兵2〜4、弓兵2〜3いれば取り合えず安心です。その後は戦況を見て追加生産していきます」


前章で言い忘れてましたが、
科学は弓術の後、石工術(太古の防壁)→陶磁器→筆記→通貨(商業ハブ)
社会制度は軍の伝統の後、政治哲学(4スロ政府)
に向かって進めています。


20161211153025_1.jpg
同T ギリシャ・ゴルゴーに翡翠売却
コンゴに宣戦したので、輸出していた翡翠が返ってきました。
普通なら好戦性ペナルティのために他国にも二束三文でしか売れないのですが、今回はゴルゴーに高く売れます。
ギリシャ侵略は最後にするので、ターン収入でも問題ありません。
お陰で金策が随分と楽になります。


20161211153739_1.jpg
59T 政治哲学完了
政府は「寡頭制」を採用します。スロット配分が軍事×2の「独裁政治」も魅力的ですが、「寡頭制」「全近接戦闘ユニットのstrength.png戦闘力+4」「戦闘経験値+20%」のボーナスが嬉しいので、こちらを採用します。
各政府の特徴はデータ/社会政策/政治体制を参照。


20161213211450_1.jpg
60T コンゴのユニットをあらかた始末し、クァンゴの包囲を進める
侵攻路に蛮族の野営地がついでに潰します。トミュリスのUA「キュロスの殺し屋」のお陰で、攻撃順を工夫すれば蛮族はむしろHPの回復源になります。
とは言え、邪魔なことには変わりありませんが。
なおspearman.png槍兵は「対騎兵ユニット」に分類され、騎兵と戦闘時にstrength.png戦闘力が+10される特性があります。
しかし素のstrength.png戦闘力が騎乗兵が35に対して槍兵が25なので、+10されたところで所詮互角です。気にせず殴りましょう。
弓(騎)兵であらかじめ傷を付けておけば、「キュロスの殺し屋」によりこちらの戦闘力は+5されますので万全です。


20161211154137_1.jpg
61T そんなこんなでクァンゴ制圧


tomyris.png「さっさと囲んで殴るだけの簡単な仕事だ」
adviser.png「もちろんユニットが死なないように最低限気を付ける必要はありますが、ダメージはあまり気にせず騎乗兵で殴ったほうがいいです」


近接ユニットで都市を殴ると相応のダメージを受けますので弓兵や弓騎兵などの遠隔攻撃で戦いたくなります。
しかし、弓(騎)兵はlongrange_strength.png遠隔攻撃力25ですが、都市攻撃時は戦闘力が-17されますので、差し引き8にまで低下してしまいます。
一方騎乗兵はstrength.png戦闘力35ですので、単純計算で弓(騎)兵の4倍以上の戦闘力を持つことになります。
(各兵種の特性を把握すると戦争が非常にやりやすくなります。詳しくはデータ/ユニット
(なお、実際のダメージ期待値は3倍になります。 詳しくはゲームシステム/ルール/戦闘#e28dd202
ラッシュはユニットの賞味期限が切れるまでにどこまで攻められるかがキモなので、少々の損耗を避けるより、戦闘を早く終わらせることの方が重要なのです。
それに、そもそもスキタイ・トミュリスの軽騎兵は「死にづらい」、「生産コストが軽い」、「足が速いので前線に届きやすい」の三拍子が揃っています。


tomyris.png『兵は神速を貴ぶ』だ」

コンゴ戦線2. ンバンザ・ンスンディの戦い Edit



20161211155136_1.jpg
65T コンゴが命乞いをしてきますが、当然却下


20161211155350_1.jpg
同T 一方のゴルゴーさんは好感度高そうなことを仰る。チョロい


tomyris.png「誰がスパルタ人だ。お前がスキタイ人になるんだよ


20161211155821_1.jpg
68T ンバンザ・ンスンディ占領
戦術の基本は囲んで殴ることに変わりありませんが、2点注意すべき点があります。


‥垰圓髻峭彊蓮廚垢
都市の周囲6タイルのうち山岳や自然遺産を除いた通行可能なタイルを味方ユニットあるいはそのZOCで占拠することで、都市を「攻囲」することができます。
こうすることで、都市のHPが毎ターン回復しなくなるので攻略しやすくなります。
詳しくは、本プレイレポの最後にまとめる予定です。


▲織ぅ襪領奪
ユニットは敵都市の改善や区域を略奪できます。
略奪によって得られるものはgold.pngゴールドやscience.png科学力など様々ですが、今回重要なのは農場の略奪によるユニットの回復です。
当然占領した後では略奪はできませんので、略奪でユニットの回復をしてから都市に最後の攻撃をすると侵攻が速くなります。
農場を含めた地形改善の略奪は労働者を用いて労働力の消費なしに修理できるので、占領後の心配も不要です。
区域の略奪は占領後にproduction.png生産力を投入して修復する必要があるのでケースバイケースですが、今回のように短期決戦の場合は積極的に略奪して問題ないでしょう。


tomyris.png「占領時に手に入れた開拓者はどうしようか」
adviser.png「前線に送って前哨基地にする手もありますが、わが軍は機動力に優れる上に「四つ葉」マップは小さく単純です。今回は首都東の未取得の高級資源spices.png香辛料を手に入れてfacility.png快適度対策としましょう」

コンゴ戦線3. 首都ンバンザ・コンゴ Edit

ンバンザ・ンスンディ占領を受けてまたもやコンゴのおじさんが命乞いに来たり、ギリシャのチョロインさんが褒めてくれたりしますが、華麗にスルーしてコンゴの首都ンバンザ・コンゴに兵を進めます。


tomyris.png「防壁もなし、ユニットもなし、楽勝じゃないか」


20161211160237_1.jpg
69T
ngao_mbeba.pngngao_mbeba.png「「やあ」」
tomyris.png「えぇ(困惑)」
adviser.png「コンゴのUUンガオ・ムベバの蛮族ですね。コンゴから発生した反乱軍でしょう」


civ6では侵略戦争をしていると、敵国のfacility.png快適度低下による反乱軍の発生に苦しめられることが多々あります。
正規軍より強いユニットを使ってきたりするので、なかなか厄介です。
今回のンガオ・ムベバも剣士の上位互換です。素のstrength.png戦闘力は剣士や騎乗兵と同じですが、遠隔攻撃に対してstrength.png戦闘力ボーナスがあったりと一筋縄ではいかなそうです。


adviser.png「さて、まずはこの蛮族を処理すべきでしょうか……」


20161213234023_1.jpg
71T ンバンザ・コンゴ周囲に展開完了


adviser.png「なんか蛮族は逃げて行ったので、このまま攻めます」
tomyris.png「反乱軍に祖国を救う気はなかったか。哀れなり、コンゴ」


20161214013344_1.jpg
73T 一方、スキタイ首都ポクロフカ周辺
swordsman.pngswordsman.pngswordsman.png「「「やあ」」」
tomyris.png「えぇ(困惑)」
adviser.png「こちらは反乱軍ではなく普通の蛮族ですが……、さすがに剣士が出てくると都市国家では歯が立たないようですね」
ちょうど生産が終わって前線に向かわせるところだった騎乗兵を蛮族対処に回します。
こういった柔軟な対応ができるのもスキタイの強いところです。
なお今のところ相手に防壁は出ていませんが、そろそろ作られてもおかしくないのでbattering_ram.png破城槌を作成しておきました。
破城槌のような支援ユニットは敵ユニットに重なられると瞬殺されるので、安全を確保しつつ前線に運んでいきます。
首都ではその後、金策と交易路のために商業ハブを建設しています。


20161211161542_1.jpg
74T コンゴ首都ンバンザ・コンゴ占領


tomyris.png「このままコンゴを地図から消s
adviser.png「と言いたいところですが、今回は生かして賠償金を取ります」


通常のプレイでは、最後の都市も占領して後顧の憂いを断つ&自文明の版図を広げる、というのがスタンダードな戦略です。
しかし今回は短期決戦なので、目先のgold.pngゴールドを取ります。また、和平を結ぶことで戦争による疲弊を軽減できるのもメリットです。
冒頭に「読者として初心者を想定」と言いつつ、短期決戦ゆえに王道とは少し離れた選択を取る場面がところどころにあるのは申し訳ないところです。


20161211162747_1.jpg
77T 略奪祭りで搾れるだけ搾り取ってから


20161211162805_1.jpg
同T コンゴと和平

相手の全面降伏で、対コンゴ戦争、終結――


つづく

目次 Edit

プレイレポ/バニラ/スキタイ騎馬隊の四葉制覇 序論
プレイレポ/バニラ/スキタイ騎馬隊の四葉制覇 その1 四葉に火が灯るまで
プレイレポ/バニラ/スキタイ騎馬隊の四葉制覇 その2 コンゴ燃ゆ←いまココ
プレイレポ/バニラ/スキタイ騎馬隊の四葉制覇 その3 エジプト文明は砂塵に帰る
プレイレポ/バニラ/スキタイ騎馬隊の四葉制覇 その4 裏切りのギリシャ
プレイレポ/バニラ/スキタイ騎馬隊の四葉制覇 その5 おまけ

コメント Edit

コメントはありません。 Comments/プレイレポ/バニラ/スキタイ騎馬隊の四葉制覇/2?

お名前:
このエントリーをはてなブックマークに追加
トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 ページ名変更 リロード   新規 ページ一覧 単語検索 最終更新   スマホ版表示に変更   最終更新のRSS