編集 | 凍結 | 差分 | バックアップ | 添付 | ページ名変更 |
最終更新: 2020-07-06 (月) 18:41:22
FrontPage / プレイレポ / GS / 黙示録に抗う会 科学勝利編 / その2

プレイレポ/GS/ 黙示録に抗う会 科学勝利編2 Edit

古典時代入り Edit

012_01.jpg
古典時代の公約は福音の旅路を選択。
不朽と迷うところですが、労働者が本格的に活動するのは拡張が進んだ次の中世と踏んで、ここは宗教創始と初期普及の後押しを図ります。
tamar.png「超過した大預言者ポイントはfaith.png信仰力に変換されるから創始後も無駄にならんしな」

012_02.jpg
古典時代入りとほぼ同時に古典共和制を採用。この時点では我が方に戦争の意志はないので、内政の強化に勤しみます。

黙示録に抗う会、発足 Edit

012_03.jpg
012_04.jpg
52T目、無事に宗教創始達成。世界で2番目に誕生した宗教です。

tamar.png「・・・同好会か何かか?」

いえいえそんなことは。被害者の会だと宗教勝利しそう黙示録に抗う会こそが真の救いの道です。
選択した信仰はイエズス会による教育と宗教的統一。
イエズス会による教育は内政補助を図る場合の鉄板選択肢のひとつですね。
宗教的統一は申し訳程度のタマル要素指導者特性シナジーを重視しました。
近場に都市国家が点在しているので、手の届く範囲で改宗を狙っていきたいところです。

小波乱の予感 Edit

012_05.jpg
わ、わわ、わ我が方に戦争の意志はn

tamar.png「落ち着いて有効度を稼いでなんとかするぞ。南方への入植はそれからだな」

ユニット数自体が多く奇襲宣戦されたらひとたまりもありませんが、宣戦するつもりならユニットを動かしてくるので
自国戦士で国境付近を監視しつつ、国境開放や貢物等を駆使して友好宣言ができるよう急ぎます。

tamar.png「最悪の場合はバレッタから徴兵だな。攻囲状態にさえされなければ防衛できる」

また斥候の探索により大陸南側が西部とつながっていることが判明。
前頁で見えていた西の文明気配はコンゴのmvemba.pngムベンバ・ア・ンジンガだったようで、
さらにその西に日本のtokimune.png北条時宗がいました。
探索状況から、残る1文明はコンゴ・日本のさらに北か西ということになりそうですが・・・

tamar.png「最初に全文明と接触すると時代スコアが+5される。連続黄金期のためにも頼むぞ」

012_06.jpg
間をおかずして、まさかの第一退場者が発生。クメールに飲み込まれたようです。

tamar.png「AIクペは嵌れば強いが序盤の生存が大変だからな。最速だと海上災害で首都建造前に滅亡する」

012_07.jpg
そして裏では、第二都市が試練の時を迎えていました。

tamar.png「こ、これは大丈夫なのか・・・?」

防壁と投石兵さえいれば大丈夫です。
防壁はgold.pngゴールドでは購入できませんが、都市国家バレッタの宗主国特典によりfaith.png信仰力で直ちに購入が可能です。
太古の防壁は欲しいタイミングで生産をはじめると完成が待ち遠しくなるのですが、faith.png信仰力による緊急生産はこういう時に本当に助かります。
投石兵2体はうっかり倒されないように1体は都市に引き籠りつつ、1体は囮となりながら都市に対する攻撃を分散させます。
結果7ターンほどかけて蛮族の撃退に成功しました。

最後の文明 Edit

012_08.jpg

tamar.png「・・・よりによって黙示録モード最強候補のAI指導者じゃないか」

スウェーデンのkristina.pngクリスティーナと遭遇。黙示録モードでは災害支援要請コンペが多発しますが、
これに積極的に参加するのがkristina.pngクリスティーナやカナダのwilfrid_laurier.pngウィルフリッド・ローリエ。
プレイ中に外交勝利を達成されないよう、十分注意する必要があります。

012_09.jpg
蛮族退治の裏で発生していた人身御供コンペ。
ゴールドランクで無料の「終末の預言者」獲得。シルバーランクで「終末の預言者」無償昇進と毎ターンfaith.png信仰力+2。ブロンズランクで毎ターンfaith.png信仰力+2が得られます。

tamar.png「つまりシルバーランクで毎ターンfaith.png信仰力+4か。中々だな」

コンペのスコアとして計上されるのは生贄した陸上ユニットの近接攻撃力です。遠距離攻撃力は参照されないので注意しましょう。
またいくつかのゲームで試してみましたが、海上ユニットは生贄にすることができませんでした。(バージョンによって仕様が変わる可能性があります)
ちなみに徴兵した都市国家のユニットを生贄にすることはできます。その分だけ都市国家の防衛力が下がることには注意を。

今回のプレイでは若干空気な終末の預言者ですが、昇進も都市攻略に効果的なものがあり、強いユニットに成り得るポテンシャルを持っていそうです。
このあたりはまだ色々試せていないので、今後機会があれば紹介したいと思います。

tamar.png「・・・ところであの蛮族労働者は?」

触れないで下さい・・・蛮族戦で囮役を全うした労働力1の労働者です・・・

順調な拡張 Edit

012_10.jpg
労働者拉致事件と同時期。拡張自体は順調に進んでいます。
首都トビリシ・第三都市ツクミ・第四都市ポティで氾濫原地帯を挟んだ正三角形をつくり、ここに密集工業地帯をつくっていきます。

tamar.png「配置次第では1つの工業地帯にもっと隣接ボーナスを集中できそうだが・・・」

これは彗星対策です。通常プレイと異なり工業地帯の消失があり得る設定なので、1点集中ではなく2、3点に分散させることでリスクをヘッジします。
このピン配置ではどの工業地帯も5〜6前後の隣接ボーナスを得つつ、どこのひし形4マスを切り取っても1つ以上の工業地帯が残る配置になっています。
彗星の一撃目はなんとか耐える構造ですが、二撃目は来ないよう全力で祈りましょう。

また無事インカpachacuti.pngと友好関係を結べたため、安心して南西部へ入植。
その第五都市バトゥミではピラミッドを建造開始。ターン数的には完成できるかだいぶ怪しいですが、
平らな砂漠タイルへ都市を出している文明が確認できる範囲でフランスfrance_eleanor.pngしかいないので、勝負になると踏んでいます。

012_11.jpg
ちなみに都市国家の様子。ボローニャとラホールへの改宗が済み、代表団を稼いでいます。
引き続き拡張をしながら、改宗と宗主国争いで時代スコアを稼ぎ中世へ向かっていきます。

012_12.jpg
結局は自文明に大きなトラブルなく中世へ到着。無事中世も黄金期で迎えたところで、次回に続きます。

目次 Edit

黙示録に抗う会 科学勝利編トップ
(前)黙示録に抗う会 科学勝利編1
★黙示録に抗う会 科学勝利編2
(次)黙示録に抗う会 科学勝利編3
黙示録に抗う会 科学勝利編4

コメント Edit

コメントはありません。 Comments/プレイレポ/GS/黙示録に抗う会 科学勝利編/その2?

お名前:


このエントリーをはてなブックマークに追加