編集 | 凍結 | 差分 | バックアップ | 添付 | ページ名変更 |
最終更新: 2018-07-08 (日) 19:29:43
FrontPage / RaF / データ / 忠誠心

忠誠心 Edit

忠誠心は拡張「rise and fall」から拡張された概念である。忠誠心は自他国近隣の都市の人口や政策、総督によって発生し、ターン毎の変動地として現れる。
初期値は都市建設では100、敵国からの奪取では50で75以下では産出が減少し、50未満では0になる。そして、これが0を下回ると自由都市として独立する。
遠隔地であっても離島であれば問題ないが、多文明の都市が多いところに入植すると即座に反乱が沸くことになる反面、人口を増やしていけば敵都市を無欠で奪う事も出来る。

忠誠心の要因 Edit

総督 Edit

総督は忠誠心に+8の補正がかかる。これは着任前から発動するが、総督の効果強力なものも多いので、頭数をそろえたい。

人口 Edit

最も基本的な忠誠ソースで、特に首都の市民には補正がかかる。忠誠圧力は1タイル事に10%減少し、総合娯楽施設/ウォーターパークのプロジェクト「パンとサーカス」で倍加する。

快適性 Edit

快適性の値に×2の補正*1

ユニットの配置 Edit

占領状態 Edit

自由都市 Edit

自由都市はすべての文明と敵対しており、名前から神聖ローマのそれを思い浮かべるかもしれないが、どちらかと言えば蛮族都市と言った方がしっくりくる。
文明および都市国家がある都市の忠誠心を0にすると発生し、その際、独立した文明の最新の近接ユニットが2体ポップする。都市防御も独立した文明に準ずるが、これは非常に低く設定されており、容易に武力制圧できる。
自由都市はその状態への忠誠心をある程度持つが都市国家や文明のそれと比べると貧弱で、容易に帰属させられる。
帰属する都市は忠誠心0になったとき最も大きい忠誠圧力を加えていた国で、併合しても自由都市のユニットは敵対したままである。
もし併合を拒否するとその文明から独立したとみなされ、再度ユニットが発生する。
自由都市は自国とそれ以外すべてで忠誠心の綱引きをするため、編入を拒否したとしてもこちらは忠誠圧力を加え続けることになる。
よって影響の比較的弱い文明に自由都市を併合できるようになってしまうので緩衝地帯にすることは存外難しい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

*1 要検証
トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 ページ名変更 リロード   新規 ページ一覧 単語検索 最終更新   スマホ版表示に変更   最終更新のRSS