編集 | 凍結 | 差分 | バックアップ | 添付 | ページ名変更 |
最終更新: 2020-08-10 (月) 00:23:28
FrontPage / プレイレポ / GS / 無軌道開拓者が挑む黙示録モード / その3

その2はこちら

フェニキア都市の強さ Edit

settler.pngさて、フェニキアの特色の一つは、開拓者の安さと、新規都市の立ち上がりの速さです
20200603235532_1.jpg
settler.png硝石目当てでこうしたクソ立地に都市出ししても
20200603235720_1.jpg
settler.png15ターン後には港区域が完成し、灯台を現金購入することでそれなりに機能する都市に変貌します。万能区域がモニュメントと同じ軽さです。ちょっとおかしいんじゃないですかね
dido.pngもちろん、こうして出来上がった都市でフリゲート艦を生産すれば制覇勝利もたやすいのだが、今回は金銭出力を主軸としていく

さらなる支援要請 Edit

20200604000825_1.jpg
settler.png124ターン、対ハンガリーの支援要請が始まりました。今回のプレイでは常に2〜3件の支援要請が平行して進んでいきます

ルネサンス黄金時代 Edit

20200604002340_1.jpg
dido.png128ターン、ルネサンスは黄金時代となった。公約は「未知の領域」である。もはやこの状態の開拓者は新たなUUと言っても差し支え無い
20200604002547_1.jpg
dido.png政策はこんな感じで、我が文明の強みをさらに尖らせている
settler.pngヒャッハー!力があふれてくるぞ!
20200604004130_1.jpg
settler.png新規都市は初期人口が4人になり
20200604004216_1.jpg
settler.pngたったの7ターンでコトンが建つ!
dido.png黄金時代の雰囲気というか気分で初期人口が増える…。単細胞生物じゃあるまいし、シド星の生態系とは…
settler.png怖いこと考えるのはやめましょう
20200604004221_1.jpg
dido.pngこの時点で我が文明の都市は10個。ルネサンス期のうちに新たに10個程度は都市出ししたい

札束の暴力 Edit

20200604004334_1.jpg
settler.png131ターン、マンサ氏に2,000ゴールドを寄付しました。支援要請はまず間違いなく勝てる情勢です
20200604005838_1.jpg
dido.pngこの近辺で我が文明の金銭収入は400ゴールド/ターンを越えており、単発の支援要請なら難なく勝てる。さらに首都ではポタラ宮の建設を進めており、さらなる外交ポイントの積み増しを図る。幸いにも、都市国家ブリュッセルとオークランドを支配下に置いており生産力ボーナスがもらえる
settler.pngポタラ宮で1、自由の女神で4ポイントを積み増すと、必要ポイント20のうち4分の1が稼げるわけで、他の文明にとられるわけには行きません
dido.png我が文明は海沿いスタートになるため、自由の女神を首都で建てられる可能性が高い。その面でも外交勝利に向いている
20200604010408_1.jpg
settler.png137ターン、対マンサ氏の支援要請に勝利、外交ポイント6まで来ました。そして
20200604011956_1.jpg
settler.png141ターン、さらなる支援要請が発生、今度は日本とマヤです
dido.png本当に休む暇もない。しかし、2件ともとれば勝利が見える

第3回世界会議 Edit

20200604220429_1.jpg
dido.png141ターンに第3回世界会議が始まった。今回の議題は都市開発条約と国境管理条約だ。都市開発はA都心、国境管理はA自分に投票だ
20200604220446_1.jpg
settler.pngお見事!これで外交ポイント8、これから遺産で5、支援要請で6稼げば、次の世界会議で外交勝利がほぼ確定です

といったところで次回に続きます

コメント Edit

コメントはありません。 Comments/プレイレポ/GS/無軌道開拓者が挑む黙示録モード/その3?

お名前:


このエントリーをはてなブックマークに追加