編集 | 凍結 | 差分 | バックアップ | 添付 | ページ名変更 |
最終更新: 2018-03-25 (日) 14:47:00
FrontPage / ゲームシステム / ルール / 交易

ゲームシステム/ルール

交易 Edit

交易商ユニットは、「対外貿易」を研究すると解除され、都市で作ることができます。このユニットは独立したマップレイヤーに存在し、マップ上のほとんどの要素と無関係に行動します。また、他のどのユニットとも自由にスタックでき、文化的境界の影響を受けません。

自文明が支配している都市に交易商がいる場合には、その都市とそこから到達可能な距離内にある別の都市の間にtraderoute.png交易路を築くことができます。ただしそれには、これらの都市の間にアクティブなtraderoute.png交易路が存在せず (たとえば、ローマからアテネに至るtraderoute.png交易路がすでに機能している場合、2つめを築くことはできません)、保有可能なtraderoute.png交易路の最大数にも達していないことが条件となります。

開設したtraderoute.png交易路は、最低でも20ターンにわたって存続します (ゲームスピード「標準」の場合)。交易路が存在する間、交易商ユニットは交易路に沿って自動的に移動しますが、出発した都市に戻るまで交易は完了しません。アクティブな交易路を移動している交易商ユニットは地形の影響を受けず、1ターンにつき1タイル移動して道路を敷設していきます。交易商は蛮族や敵対する文明に略奪されやすいので、護衛することを忘れないようにしましょう。

交易路の存続時間の計算式:「FLOOR((ゲームスピード補正値/交易路の長さ)×0.1)+1」×交易路の長さ×2。
ゲームスピード補正値は、オンラインからマラソンの順に50、75、100、150、300です。

交易路を増やす Edit

各文明が維持できるアクティブなtraderoute.png交易路の数には限りがあります。この数はおもに所有する商業ハブと港区域の数によって決まりますが、他の方法で増やすことも可能です。

交易範囲 Edit

陸上の場合、traderoute.png交易路は15タイル以内の目的地まで到達できます。乗船を可能とする技術の研究を終えると、交易商は海上を移動できるようになります。海上での到達可能距離は30タイルです。陸上と海上の切り替えは都心または港区域のみで可能で、余った距離の持ち越しはできません。都市に交易施設がある場合、交易商は新しい移動エリアに向けて到達可能距離を「補充」し、さらに遠くまで移動できます。それ以外の場合は、その都市が終着地になります。

交易施設 Edit

交易施設を設けると、交易網を拡大して利益を増やせます。より遠くの目的地に行けるようになるだけでなく、交易施設を通過するすべてのtraderoute.png交易路に産出量ボーナスが与えられるのです (そこが目的地でなくてもかまいません)。都市 (誰の都市でもかまいません) に交易施設がある場合、そこでtraderoute.png交易路のmove.png到達可能距離を「補充」し、さらに遠くの目的地に行くことが可能です。交易施設は、その都市を出発地または目的地とするtraderoute.png交易路が1つ完成すると設置可能となり、その施設もtraderoute.png交易路の所有者のものとなります。

産出物 Edit

traderoute.png交易路の産出物は目的地と経路に応じて変化します。出発地の都市にもたらされる産出物は、目的地の都市に存在する区域によって決まります。たとえば、聖地がある都市と交易するとfaith.png信仰力が得られ、劇場広場がある都市と交易するとculture.png文化力が得られます。
細かい補正については区域を参照



このエントリーをはてなブックマークに追加


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 ページ名変更 リロード   新規 ページ一覧 単語検索 最終更新   スマホ版表示に変更   最終更新のRSS