編集 | 凍結 | 差分 | バックアップ | 添付 | ページ名変更 |
最終更新: 2022-08-19 (金) 15:43:09
FrontPage / 攻略情報 / 評価 / 総督

総督 Edit

総督について Edit

総督は、都市に着任させることで効果を発揮する。
着任先を指示後、総督毎の規定ターン経過後(ゲームスピードに関わらず一定)に着任する。
着任先都市を変更する際も同じだけのターンカウントが必要になる。

総督の着任先となった都市は、忠誠度増加に+8のボーナスがかかる。
これは着任先指示後、着任完了前のターンカウント時点から有効である。
さらに着任が完了すると、総督ごとに異なるボーナスが得られる。

総督の称号を獲得するごとに、新規雇用か昇進させるかのいずれかを選ぶことができる。
総督の称号の獲得方法は、社会制度ツリーの進展のほか、政府複合施設区域とその建造物の建設、遺産「通商院」の自力建設など。

総督として採用できるのは各文明共通で以下の7人。GSではスレイマン1世が指導者である場合に8人となり、一部の総督は能力が変化している(以下はGS下での説明)。

秘密結社についてはこちらの項目で

※昇進効果のゲーム内説明は特に誤訳や説明不足が多い為、注意

城代 ビクター Edit

ビクター.jpg

主に軍事力の強化を目的とした総督。
RaFでは微妙な防戦系能力に偏っており、マグナスの日陰に隠れて全く活用されなかったためか、GS では内政・生産の能力も追加された。
無理矢理な救済措置のため、1つの昇進の中にチグハグな2つの効果が同時に含まれている。

採用ボーナスの「3ターンで完成する」とは「着任まで3ターン掛かる」という意味なので注意。

守備的指揮官は、もともとの効果である「防衛戦闘力+5」を考慮すると、最前線の都市の防衛に使うと良い。一方 GS で追加された「忠誠度+4」を考慮すると、忠誠度が下がりやすい僻地の都市に配置するのも良い。ゲーム内表記では「他都市に対し」とあるが実際は着任した都市自体にも効果がある。

防衛兵站は、「都市が包囲されない」という微妙な能力しかなかったが、GS では「ターンごとの戦略資源+1」が加わった。国内のレア戦略資源が採れる都市に常駐するといいだろう。

銃眼は、「都市遠隔攻撃回数+1」がやはりショボすぎたため、GS で「ユニットの無償レベルアップ」が追加された。生産特化都市で使うなり各種リソースによる購入を組み合わせるなりして、生産を加速するギミックがあると活きる。なお無償レベルアップは海軍やスパイにも適用される。特にスパイはレベルアップの恩恵が強い為、出来る限りこの都市で訓練したい。ただしカトリーヌの「特別遊撃隊」とは重複しない。

防空構想軍拡競争支持者は、核兵器に関する能力。主に核兵器の準備速度の高速化と核兵器に対する防衛力を底上げするが、それ以外には効果がないので基本的には取得しなくてもいい。

外交官 アマニ Edit

アマニ.jpg

主に都市国家との関係を強化を目的とした総督。
宗主国ボーナスがおいしい都市国家や資源が豊富な都市国家に置いておけば、一定の効果を期待できる。
派遣中の都市国家と戦争になると弾き出されるため、再配置が必要。戦争中の都市国家には派遣できず、アマニの能力で宗主国になっていた場合は大きくdelegation.png代表団の数が引き離されてしまう。
「秘密結社」および「英雄と伝説」モードではdelegation.png代表団派遣・宗主国化により結社および英雄を発見でき、もちろんアマニの能力によるものも適用される。これにより通常モードよりも採用度が高くなったと言える。

公使は、他文明都市の忠誠心を減らす能力。黄金時代や忠誠心圧力も考慮して上手く派遣できれば、都市を離反させやすくなるだろう。

潤沢外国人投資家は、都市国家からの恩恵を増やす能力。

枢機卿 モクシャ Edit

モクシャ.jpg

主に宗教の強化を目的とした総督。
※2021年4月アプデにて採用ボーナスに都市の専門区域ごとにfaith.png信仰力+2の効果が追加。

宗教プレイの必須総督。強い効果がツリーの奥に集中している事もあって宗教特化以外では使い辛い。
宗教圧力増加を考えると、彼が常駐する都市を聖都にして、capital.png首都とは別の宗教専門都市を立ち上げるのもいいかもしれない。

大審問官癒しの手は、宗教戦争の最前線の都市で有益。敵宗教ユニットがなだれ込んで来る都市で待ち構えて、返り討ちにしよう。
なお癒しの手は軍事ユニットも回復させるので、制覇プレイでも使おうと思えば使える。

守護聖人は、使徒が追加の昇進を得られる。布教活動では特に強力。宗教戦争が本格化する中世かルネ期までには獲得したい。

聖なる建築者は、faith.png信仰力で区域が購入できるようになる。宗教戦争が一段落してfaith.png信仰力に余裕が出てきたら採用してもいいかもしれない。

官房長 マグナス Edit

マグナス.jpg

主にfood.png食料とproduction.png生産力の強化を目的とした総督。
元祖最強総督。

採用ボーナスは相変わらず最強クラス。これで収穫量を強化して森林や熱帯雨林を乱伐すれば、圧倒的な瞬間産出を叩き出せる。
伐採予定の都市を順に回って伐採祭りをした後、国内交易を重視する文明なら余剰管理を取り、国外交易を重視する文明なら他の総督に称号を優先して回そう。

余剰管理は、国内交易で活きる能力。区域開発済の大都市に常駐させて、国内の新興都市から交易で結べば、food.png食料とproduction.png生産力を素早く供給できる。例として交易ボーナスが高い政府複合施設と外交街と組み合わせる事でfood.png食料+5とproduction.png生産力+3を得られ、他の区域の建設でさらに増加する。

備蓄は、都市の人口を気にせず開拓者を生産できるようになるので、祖廟や政策カード「植民地化」とセットにして都市をスパムしていくことができる。ただし、序盤のfacility.png快適性不足対策としてあえて開拓者作成で人口を減らすテクニックもある。

垂直統合は、常駐都市のみ近隣都市からの工場や発電所のproduction.png生産力増加効果が重複する。工場の有効範囲をうまく重ねればproduction.png生産力をかなり高めることが可能になり、非常に強力。
それなりに意識するだけでも文字通り桁違いのproduction.png生産力を出すことができるため、科学勝利や重要な遺産を建設したいときにはぴったりといえる。

調査官 梁 Edit

梁.jpg

主に都市の成長を目的とした総督。

採用ボーナスの労働力+1は相変わらず強い。労働者はコストがどんどん上がっていくため、見かけ以上に+1が大きい。

都市計画委員は、序盤や新設都市の区域建設を補助してくれるようになり、都市を早めに機能させることが可能になる。もちろん用水路やダム、果てには宇宙船基地の建設でも有効。

強化素材は、災害による被害を軽減する能力。「環境効果によるダメージを受けない」とは、「自然災害で破壊されない」という意味。火山や暴れ川の近くの都市なら有益。

養殖漁業および公園と娯楽は、それぞれ沿岸都市の成長と都市のfacility.png快適性・tourism.png観光力を強化してくれる固有改善が建設可能になる能力。労働者が必要になるため中盤向けだが、うまく都市にこれらの改善を組み込めればさらなる産出の底上げが可能になる。
GSで梁が滞在する都市は固有改善の産出量が増えるようになった。自文明全体の区域建造が終わったら、沿岸都市か観光都市でゆっくりしてもらおう。

教育者 ピンガラ Edit

ピンガラ.jpg

主にscience.png科学力・culture.png文化力の強化と偉人の誘致を目的とした総督。

GS では採用ボーナスの弱体化と引き換えに鑑定家研究員が強化され、序盤から圧倒的ともいえる大量のscience.png科学力とculture.png文化力を産出できるようになった。自国で最大の都市に彼を常駐させるのは既定路線と言える。

鑑定家研究員は、着任した都市の人口によってscience.png科学力とculture.png文化力の産出量を増やしてくれるかなり強力な能力。これのおかげで序盤にキャンパスや劇場広場が無くても技術や社会制度を進めることができるので、浮いたproduction.png生産力を開拓者や労働者に回せるようになった。

助成者は、着任した都市の偉人ポイントの産出量を倍増してくれる非常に有用な能力。効果は遺産にも適用されるので、偉人ポイントを産出する遺産は彼の常駐先に建てるとよい。(自然遺産の張掖丹霞には適用されない)

学芸員宇宙開発構想は、それぞれ文化勝利・科学勝利特化なのでその路線なら。

学芸員の効果は、treasure.png秘宝が対象外であることに注意。文化勝利狙いの場合、ピンガラのいる都市には考古博物館ではなく美術館を建てよう。

財務官 レイナ Edit

no link

主にgold.pngゴールドの強化を目的とした総督。
採用ボーナスの「新タイル取得が早まる」とは「タイル拡張速度+20%」のこと。traderoute.png交易路のgold.pngゴールド+3と合わせると、序中盤の金策としては悪くない。ピンガラがぶっ飛んで強いため影が薄いが、配置する都市を選べばかなりの出力になる。

港長収税史は、純粋に都市のgold.pngゴールド産出を増やす能力。隣接ボーナスの多い都市や人口の多い都市に派遣すれば、しばらくは金策に困らないだろう。

港長による港隣接ボーナス倍化は、造船所があればproduction.png生産力も倍になる。高い隣接ボーナスを持つ港がある都市にはレイナを優先的に配置したい。

森林管理は、文化勝利向けの適性が高い能力。辺境都市に配置して、国立公園を敷き詰め、シーサイドリゾートを乱立しよう。

建築請負人は、gold.pngゴールドが溜まってきた頃に取ると良い能力。production.png生産力の無い都市でも区域建設ができ、素早く強化できる。高コストにはなるが、宇宙船区域を解禁と同時に建てられるのはかなりのproduction.png生産力節約になる。

大宰相 イブラヒム Edit

イブラヒム.jpg

スレイマン1世固有の総督。主に軍事・外交の強化を目的にしている。
ツリーの1段目は軍事、2・3段目は外交に関するスキル。
戦線の移動や非戦時の外交用スキルなどと合わせて配置移動が多くなりがちだが、ビクター同様3ターンで移動するので隙がない。

攻略情報/評価/文明・指導者 の「スレイマン1世」も参照。

セラスケルはあらゆる時代を通して都市攻防戦を格段に楽にする強烈な能力。ボーナスの有効範囲は常駐都市の都心から10タイル以内なので、戦場の最寄りの都市に派遣しよう。太古からこの恩恵を受けられるのも強み。

ハーッス・オダ・バシカプ・アガーは、イブラヒムを相手文明のcapital.png首都に常駐させると効果が出るという珍しい能力。とはいえ同盟ポイントと不平ポイントは意識してコントロールしづらいため、いまいち魅力がない。

大宰相は、こちらも相手文明のcapital.png首都に常駐させると効果が出るという珍しい能力。隣接する文化的文明からの併合圧力を防ぐか、占領した都市の反乱を防ぐ使い道が考えられる。後者の場合、戦争相手の文明には総督は派遣できないので先に和平しなければならない。よって、「戦争前に最前線にセラスケルをもったイブラヒムを配置して攻撃力ブースト → 敵都市を占領したら守備隊指揮官をもったビクターを派遣して忠誠心低下防止 → 和平後に敵国のcapital.png首都にイブラヒムを派遣してさらに沈静化」という流れが効果的。(特に相手が黄金時代、こちらが暗黒時代などで忠誠度圧力を受けやすい時)



このエントリーをはてなブックマークに追加