編集 | 凍結 | 差分 | バックアップ | 添付 | ページ名変更 |
最終更新: 2016-12-07 (水) 21:10:00
FrontPage / 時を駆けるハーラル・中世編 その2

プレイレポ/バニラ/時を駆けるハーラル・中世編に戻る



4.png

最初のぱっと見だけでも、太古スタートと違うのがわかるだろう。
中世スタートでは斥候1と弓兵1、開拓者2を貰える。
初期の開拓者にはさらにユニットが梱包されており、首都建設と同時に槍兵+労働者、二つ目の都市建設時に労働者が貰える。
ハンデ付きのAIはおそらくもっと盛られてるのだろう。



5.png

無難に川に沿って街を展開。中世スタートでは首都は最初から人口4、そうでない都市も人口2から始まる。
それにしても周りが海とは、パンゲアらしからぬレアな立地なようだ。
そして早々に見えるお隣さんの斥候。どうみてもローマです。



6.png

中世スタートでは太古と古代の技術及び社会政策すべてが取得済、いくつかの中世のものにブーストがかかった状態でスタートする。
なので国を建てると即座に政治形態と社会政策の選択が可能になる。
選択する政治形態は、もちろん収入ボーナスのつく独裁政治。
開拓者ラッシュを狙いつつ、その後の軍隊編成も見越してスパルタ教育もつける。



7.png

小集落で信仰力を拾い、早い段階でパンテオンを取得。
初期信仰力が20でパンテオン取得が変わらずの25なので、先行できるかどうかは本当に運しだいだ。
せっかくなので炉の神を取る。例の炉の神バグはちゃんと直ってるらしいので安心だ。



10.png

開拓者を二人作るものの、おいしい立地をローマに先に食われてしまう。
仕方なく海岸線に埋めるものの、もう拡張余地が全くない。
やるしかない。全都市の生産を変更し、弓兵ラッシュ(中世)の準備をする。



時を駆けるハーラル・中世編 その3?へ続く


コメントはありません。 Comments/時を駆けるハーラル・中世編 その2?

お名前:


このエントリーをはてなブックマークに追加


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 ページ名変更 リロード   新規 ページ一覧 単語検索 最終更新   スマホ版表示に変更   最終更新のRSS