編集 | 凍結 | 差分 | バックアップ | 添付 | ページ名変更 |
最終更新: 2016-11-27 (日) 02:28:00
FrontPage / プレイレポ / バニラ / 大使節団で育てるツンドラ帝国 / その4

プレイレポ/バニラ/大使節団で育てるツンドラ帝国/その3

急成長と民主化 Edit

177T:公衆衛生獲得

獲得により下水道が建設できるようになった
下水道は単体の性能で見ると、穀物庫と同じhouse.png住宅2のみ増加で明らかに割高であり、近郊部の解禁も考えると無駄な建築物であると思われる
しかしそれでも下水道を建設する利点は十分にある
文化重視の戦略をとっていない(具体的には演劇広場を建設しない)場合、近郊部を解禁する都市化の獲得が遅くなる為である
多都市戦略とメリトクラシー、大使節団を利用しても現在社会制度は土木技術を研究中であり、都市化及び近郊部建設までは20ターン以上かかる
この時点で首都のpeople.png人口は13、house.png住宅は16であり、住宅による人口制限が近づいている為、このまま放置すると都市化までの成長に遅れが出てしまう
下水道を建設すれば制限を回避する事ができ、成長を維持することができる。近郊部と異なり、ゴールドで購入できるのもポイント
また今後採用するであろう民主主義に必要な社会制度『選挙権と参政権』のブースト条件になっているのも利点のひとつ
今回の戦略では研究と異なり、文化の方はコスト上昇と比較して伸びは悪くなるので、ブーストをできるだけ利用していきたい

182T:土木建築獲得 職人廃止して公共事業採用

残ったタイルの改善の為、公共事業を採用して労働者を何名か生産する
農場の隣接ボーナスを稼ぐ為、都市圏外のタイルも農場に改善し、食料生産の増加を図る

185T:化学獲得
188T:ナショナリズム獲得
191T:横帆船獲得

191T 交易と国土.jpg

191Tの様子、各都市で次々とキャンパスが建ち始め、建造物も追加されてきたことにより研究力は上昇し続けている
図書館などの研究系建造物は生産力に余裕がある場合は自力建造、そうでない場合はgold.pngゴールドで順次購入している
大量の交易商から手に入る有り余るgold.pngゴールドで、購入用資金には困らない

余談だがノルウェーの使途を撃退したことと、エンハンサーの信仰『聖典』の圧力を含めた自然伝播によりノルウェーの各都市の人口3分の1が東宝聖教に改宗している
多都市で聖典を採用していると良くあることで、大抵の場合周辺都市は自然伝播で改宗できる
自然伝播で改宗した場合はAIのヘイトには触れないらしく、特に抗議・非難されることは無い
こちらは4分の1税を採用している事もあり、美味しい事ばかりである

193T:都市化獲得

これで住宅問題は解決した。各都市の生産力もそこそこあり、必要に応じて近郊部を建設していけば良い

195T:航空技術獲得
198T:蒸気機関獲得

199T 偉人状況.jpg

199T時点の偉人リストの様子
今後のロシアの発展に有用な3人の偉人がリストに挙がっている

ロバート・ゴダードは宇宙関連偉人の中では地味な性能だが、少しでも研究スピードを稼ぎたい今のロシアにとってロケット工学のブーストはありがたい

メリタ・ベンツによる交易商の追加は、まだ大使節団による研究ブーストの世話になっているロシアにとって強力

アインシュタインは非常に強力。大学の出力そのものを強化してくれるので合理主義との組み合わせで圧倒的なscience.png研究力を生み出してくれる

メリタ・ベンツは他国との偉人ポイント差にまだ余裕があるものの、他二名は一部の国も偉人ポイントが溜まっており、横取りが怖い
こちらには有り余るfaith.png信仰力がある為、これを消費してロバート・ゴダード、アインシュタインの2名を後援することにした
この時点でfaith.png信仰力208/ターンの為、faith.png信仰力の1000や2000等いくらでも支払える
faith.png信仰力を重視したプレイは、こういった偉人の取得をコントロールしやすいのがメリットだ

199T:ロバート・ゴダード、アルバート・アインシュタイン獲得
205T:無線通信・マスメディア・戦時動員獲得 家臣陳腐化により軍事研究採用

マスメディアは無線通信獲得によるブーストで、戦時動員もブーストで獲得した
またマスメディア獲得により長らく世話になった家臣が陳腐化、代わりに研究加速の為軍事研究を採用
この時点ではまだ港湾都市も士官学校も無いが、港を持つ都市が複数あるので電気獲得後はscience.png研究力の増強に役立ってくれるはずだ

206T:メリタ・ベンツ獲得
209T:ロケット工学獲得 首都で宇宙船基地建造開始
210T:イデオロギー獲得

211T 交易と国土.jpg

211Tの様子
一部の都市でまだキャンパスを建設中だが、science.png研究力は180を超えた
近郊部の解禁によって住宅問題はなくなり、食料ある限り都市の人口は伸び続けている為、伸び代はまだまだ期待できる
全都市で不満が出ているが、暴動さえ起きなければ些細なもの。基本的には無視
終盤の研究ラッシュに向けて、最終的にはscience.png研究力400以上を目指していきたい
大使節団もまだまだ有用。隣国2カ国から価値ある情報をもたらし続けている
この時点でテクノロジー進歩は中国と並んで3位。アステカとインドがトップを争っており、アステカと交易するロシアにとって美味しい状況だ
現在電気と選挙権を研究中だが、双方とも半分で止め、ブーストで取得する予定
特に選挙権は下水道を購入することでブーストを狙っていきたい

218T:高度な航空技術獲得
222T:選挙権と参政権獲得 民主主義に移行

民主主義移行時.jpg

民主主義移行時の政策
経済政策が増えたため、研究ブーストの為に合理主義を採用
タイルの改善も十分に終わった為、公共事業を廃止して職人を再び採用。五カ年計画獲得後はそちらに移行する予定
ニューディール政策は選挙権獲得で得られる目玉政策の一つ、ある程度は無視するといったが快適性が改善されるのは喜ばしい
維持費増加のデメリットも交易で十分なgold.pngゴールドを得ているわが国にとっては無いも同然
通商連合・三角貿易・メリトクラシーは継続して採用

223T:階級闘争獲得 職人陳腐化により五ヵ年計画採用 セルゲイ・コロリョフ獲得

セルゲイ獲得前.jpg

宇宙関連偉人は可能な限り手に入れたい
有り余るfaith.png信仰力を使って後援
宇宙船基地の建造も半分が終了しており、研究も加速を続けている
この時点で宇宙開発に手を出しているのはインドのみで、まだ人工衛星も発射できていない
その他文化勝利や制覇勝利に手が届きそうな文明も無く、宗教対策もできているため科学勝利そのものはこの時点でほぼ確定した
後はいかに研究を加速させ、科学勝利のターン数を縮められるかが勝負になるだろう










1565年・・・、ロシアは電気の研究加速の為、私掠船の建造を進めていた
私掠船の二隻目が完成したところで隣国のノルウェーからこんな挨拶を頂いた
ウホッ!いい私掠船・・・.jpg

ちなみにこちらの海軍力はブーストの為に建造したガレー2隻と私掠船2隻のみ
検証はしていないため確信は持てないが、常備軍や海軍力といった軍事力関連のアジェンダは相手より上回っていれば良いらしく
AIは難易度神のノルウェーといえども海軍は重視しないようなので、今回のようにささやかな海軍でも満足してくれる
以前のゲームでは非難声明を出されるほど海軍が弱いと抗議を受けていたが、ちょっと一隻戦艦を建造したらすぐデレてくれた。ちょろい

その5へ続く

コメント Edit

コメントはありません。 Comments/プレイレポ/バニラ/大使節団で育てるツンドラ帝国/その4?

お名前:
このエントリーをはてなブックマークに追加
トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 ページ名変更 リロード   新規 ページ一覧 単語検索 最終更新   スマホ版表示に変更   最終更新のRSS