編集 | 凍結 | 差分 | バックアップ | 添付 | ページ名変更 |
最終更新: 2020-09-09 (水) 22:26:45
FrontPage / 攻略情報 / シナリオ攻略 / 黒い死神

黒い死神 Edit

概要 Edit

GSで追加された。ペスト菌による黒死病が蔓延した14世紀の西欧が舞台。プレイヤーは減少するpeople.png人口、麻痺するproduction.png food.png生産に対してscience.png科学とculture.png文化を振興してどちらかのツリーを完成させなければならない。
85ターンの中で疫病が数回訪れる。これらから国を守り切り、技術ツリーか社会制度ツリーのどちらかを完成させれば勝利である。

変更点 Edit

技術ツリー、社会制度ツリーは独自のものとなっており、本来は産業時代で建設可能な下水道が土木工学を研究することで作れる。他のシナリオ同様、戦争をすると和平を結ぶことはできない。史実ではイングランドとフランスは百年戦争の間だったので開始当初からイングランドとフランスは戦争しており、またイングランドはフランス領土内に都市を二つ持っている。

文明 Edit

イングランド、フランス、カスティーリャ、神聖ローマが参戦している。国と指導者の説明はシヴィロペディアより引用。

イングランド王国 Edit

歴史的背景 Edit

黒死病が大流行した時代にイングランドを統治していたプランタジネット家は、イングランドとフランス両方の王位について所有権を主張し、スコットランドとウェールズに対しても軍事的征服を試みた。しかし、やがてイングランド王は議会と貴族の力を認めざるをえなくなる。この結果、ヨーロッパの他の君主と比較すると、イングランド王の権力は弱いものとなった。

エドワード3世 Edit

おそらくエドワード3世は中世において最も多くの栄光を得た王であったと言えるだろう。しかしその50年の治世は、度重なる戦争と議会の台頭、そして疫禍に彩られたものでもあった。父王エドワード2世は、エドワード3世がまだ若年のうちに廃位されたが、彼が自らの権利にもとづいて国を統治するのに長い時間は要しなかった。
スコットランド、そしてフランスに戦いを挑んだエドワード3世とその傘下の諸将 (とりわけ彼の長子であった黒太子エドワード) は、スロイスの海戦をかわきりに、百年戦争でイングランドに幾多の大勝利をもたらした。エドワード3世自身もクレシーの戦いで指揮を執り、ロングボウ兵を駆使してフランス貴族の花たる騎士たちを半日のうちに壊滅させている。
だが1361年の黒死病の流行が、彼の治世に暗い影を落としはじめる。病没者があまりにも多かったため、戦争を継続することは困難となり、晩年の彼はイングランド本国での社会的緊張の高まりに対処するだけで精一杯の状態だった。

労働強要 Edit

イギリスの全都市が「強要」コマンドを獲得する。これにより、gold.pngゴールドを消費することで、10ターンの間、疫病が発生しているタイルであっても活用や改良、建設が可能になる。

フランス王国 Edit

歴史的背景 Edit

中世のフランスは、ヨーロッパでは特に豊かで繁栄した国だった。この時代のフランス王は、広大な直轄地を領有していた。つまり当時のフランスは、非常に中央集権化された国だったのである。

フィリップ6世 Edit

ヴォロワ朝の初代フランス国王であるフィリップ6世の治世における最大の出来事は、イングランドとの百年戦争の開始であろう。彼が最初にしたことは、フランドルの暴動を鎮圧し、フランドル伯爵ルイ1世を領主の座に戻すことだった。この時点でイングランドのエドワード3世と彼の関係は良好だった。しかし、アキテーヌ公爵領の扱いとエドワードはフィリップの臣下であるか否かという問題を巡って対立。その他のさまざまな問題も重なり、百年戦争が引き起こされることになる。
正面きっての戦いを避け、エドワード3世に消耗戦を強いることができている間は、フランスの国力を背景としているフィリップ6世に分があった。しかし、大規模な会戦ではイングランド軍が上だった。1346年のクレシーの戦いで歴史的大敗を喫した結果、フランスは貴族と同盟者の多くを失い、三部会は戦費の供出を拒否した。さらに、1348年の黒死病の大流行によって国内は大混乱に陥り、王妃ジャンヌも病没した。

教皇の指導力 Edit

特別なワイルドカードスロット「教皇政策」が与えられる。このスロットの使用は任意だが、使用すると毎ターンfaith.png信仰力を消費する。

カスティーリャ王国 Edit

歴史的背景 Edit

現在のスペイン中央部の多くを占めていたカスティーリャ王国は、中世の全期間を通じて、スペイン南部に勢力を保っていたイスラム諸国とほぼ常に戦争状態にあった。カスティーリャは、隣国であったレオン王国を併合することにより、イベリア半島における最大勢力となった。

アルフォンソ11世 Edit

アルフォンソ公正王とも呼ばれる、カスティーリャとレオン両国の王。まだ1歳のとき、父フェルナンド4世から王位を継承した。1325年、成人したアルフォンソ11世は貴族たちの争いを鎮め (さらには彼らの力を弱め)、アルカラ・デ・エナーレスの条例によって法制改革を実施。さらにベルベル人の国であるマリーン朝に戦いを挑み、アンダルシアにおけるサラード川の戦いで決定的な勝利をおさめた。
アルフォンソ11世は、1350年、ジブラルタルを攻囲中に黒死病でこの世を去り、王位は息子のペドロ1世 (残酷王) に継承された。

信仰の剣 Edit

カスティーリャの全ユニットが「聖なる熱情」を獲得し、1ターンに1回、faith.png信仰力を消費してmove.png移動力とstrength.png攻撃力を取り戻せるようになる。

神聖ローマ帝国 Edit

歴史的背景 Edit

黒死病が大流行した時代、中央ヨーロッパ最大の政治的勢力であった神聖ローマ帝国は、無数の王国や大公国、司教区、公国、自由都市、係争地、男爵領、教区を、世俗の統治者である皇帝が治めるという体裁をとっていた。しかし有力貴族や教皇が自分たちの領地を事実上支配しようとしたり、自治権を得ようとしたりするのは、けっして珍しいことではなかった。

ルートヴィヒ4世 Edit

バイエルンの君主であったルートヴィヒ4世は、ヴィッテルスバッハ家出身の最初の神聖ローマ皇帝である。その治世の初期は、ハプスブルク家ならびにルクセンブルク家との皇帝位を巡る戦いに彩られている。この争いは教皇との対立関係にまで発展し、彼は異端者として破門されてしまう。こうしたいきさつがあったため、ルートヴィヒ4世が戴冠のために1328年にローマへおもむいた際、彼の頭に冠を載せたのはいち元老院議員であった。皇帝として即位した後のルートヴィヒ4世の地位は、ライバルたちがこの世を去り、大貴族間での継承権争いに国中が辟易していたこともあって、おおむね安泰となった。
イングランドのエドワード3世と同盟を結び、フランス (そしてアヴィニョンの教皇) と敵対したことは、国内におけるルートヴィヒ4世の政治的立場を悪化させた。彼は1347年にミュンヘン近郊で死去したが、ヴィッテルバッハ家を帝国の政治における最有力の家門とすることは、ついにできなかった。

チュートン騎士 Edit

固有ユニット。維持費がかからず、敵地で戦うとstrength.png戦闘力+8。

研究 Edit

これらどちらかを完成させることでクリアとなる。科学技術7個、社会制度6個だが、社会制度の方がコストが高い。ブーストは今のところ確認されていない。

技術 Edit

科学技術コスト前提
科学技術
解禁
ユニット区域建造物その他
徒弟制度science.png 240-長槍兵ギルド会館
science.png240-隔離区域
教育science.png380徒弟制度大学
土木工学science.png380下水道、集団墓地
医学science.png500教育キープ、ペスト医院
機械science.png500土木工学工場
発明science.png600医学、機械ゲームに勝利

社会制度 Edit

社会制度コスト前提社会制度解禁政策その他
封建制度culture.png 305-ノブレスオブリージュ、騎士道、
忠誠の誓い、農奴制
賃金制度改革culture.png435封建制度町への勅許、都市下層民
高等教育culture.png435封建制度メトゥーディア・ジェネラリア、
メリトクラシー
労働経済culture.png510賃金制度改革家内工業、公僕、熟練職人
都市化culture.png510高等教育後援、商業同盟、専業化
中流階級culture.png630労働経済、都市化ゲームに勝利

追加建築物 Edit

このシナリオでは隔離区域と呼ばれる特殊な区域とそれに付随する3つの建造物が追加されている。それぞれ疫病対策に特化し、大きく貢献する。

区域 Edit

区域コスト効果隣接ボーナス略奪条件建造物
隔離区域production.png 80house.png+2
people.png市民一人あたりculture.png+2
毎ターン15%の確率で死者の発生を回避
キャンパスによるscience.png +1
劇場広場によるculture.png+1
聖地によるfaith.png+1
商業ハブによgold.png+1
gold.pngゴールド集団墓地
ペスト医院
キープ

このほかに、初期から使えるものとして、聖地、キャンパス、劇場広場、用水路、工業地帯、商業ハブ、総合娯楽施設、港、兵営がある。

建造物 Edit

区域建造物コスト購入維持費効果条件
都心下水道production.png110gold.png330gold.png 1毎ターン20%の確率で死者の発生を回避土木工学
商業ハブギルド会館production.png145gold.png435-culture.png+2
gold.png+4
people.png市民スロット+4
徒弟制度
商業ハブ
キャンパス大学production.png250gold.png750gold.png 2science.png+2
house.png+2
people.png市民スロット+1
教育
図書館
工業地帯工場production.png225gold.png675gold.png 2nolisk+4
people.png市民スロット+4
nolisk生産力は6マス以内の全都心に適用。重複なし
機械
工房
隔離区域集団墓地production.png65gold.png195-この都市の疫病期間が1~2ターン減少
people.png市民スロット+1
土木工学
隔離区域
ペスト医院production.png195gold.png585-学者とペスト医師を研究すると生産力+50%
science.png+4
people.png市民スロット+4
医学
隔離区域
キープproduction.png220gold.png660-この都市の疫病期間が1ターン減少
culture.png+2
faith.png+2
house.png+2
医学
隔離区域

このほかに、初期から使えるものとして、穀物庫、モニュメント、水車小屋、社、大聖堂、図書館、兵舎、厩舎、武器庫、灯台、造船所、市場、アリーナ、円形闘技場、工房がある。

ユニット Edit

労働者、交易商、伝道師、審問官、斥候、弓兵、剣士、騎乗兵、騎士、長槍兵、キャラベル船は通常と変わらないが、長槍兵は徒弟制度で解禁される。ユニットは疫病が蔓延しているタイルではHPが減少するが、海上ではどんなに地上が大変でも問題ない。ここでは民間ユニットのペスト医師、学者、鞭打ち苦行者、神聖ローマ帝国の固有ユニットのチュートン騎士について扱う。

民間ユニット Edit

民間ユニットはそれぞれ疫病の流行によるイベントによって解禁される。

ユニットコスト購入維持費移動力効果
ペスト医師production.png75gold.png225gold.png 1move.png 2チャージ2回
疫病期間の削減
忠誠心の回復
学者production.png110gold.png330-move.png 2チャージ2回
感染した都市からscience.png科学力を得る
鞭打ち苦行者production.png70faith.png140-move.png 2感染した都市からfaith.png 信仰力、culture.png 文化力、忠誠心を得る

チュートン騎士 Edit

代表的な騎士修道会のひとつであったチュートン騎士団は、バルト海沿岸地域の異教徒に対する北方十字軍活動の担い手であった。チュートン騎士団の勇猛さ、頑固さ、富、そして禁欲的な生活は、騎士修道会の中でも飛びぬけていた。今作ではシナリオ「ヤドヴィガの遺産」でも敵対勢力として登場。

ユニット固有クラスコスト購入置換前移動力戦闘力特徴
チュートン騎士神聖ローマ近接戦闘production.png100gold.png300剣士move.png 2strength.png 38維持にgold.pngゴールドが不要
敵地でのstrength.png戦闘力+8

政府 Edit

全ての国がカトリック王政を採用している。特にボーナスはない。軍事政策、経済政策、ワイルドカード政策が使える。フランスのみ教皇政策と呼ばれる特殊な政策を使用できる(概念はWCと同じだが、faith.png信仰力を2使い、マイナスの間は使用できない)。

社会政策 Edit

軍事政策 Edit

社会政策条件効果
忠誠の誓い封建制度民間ユニットに対するproduction.png+50%
騎士道封建制度軍事ユニットに対するproduction.png+50%

経済政策 Edit

社会政策条件効果
農奴制封建制度農場のfood.png+1
都市下層民賃金制度改革全ての都市のgold.pngfaith.png+2
町への勅許賃金制度改革商業ハブ区域の隣接ボーナス+100%
家内工業労働経済工房によるgold.png+3
熟練職人労働経済工業地帯区域の隣接ボーナス+100%
後援都市化劇場広場区域の隣接ボーナス+100%
労働市場-区域ごとにhouse.png+1、全ての都市のgold.png +2

ワイルドカード政策 Edit

社会政策条件効果
ノブレスオブリージュ封建制度各ユニットの維持に必要な毎ターンのgold.png-1
メリトクラシー高等教育キャンパス区域の隣接ボーナス+100%
ストゥーディア・
ジェネラリア
高等教育新しく訓練された学者のチャージ+2
新しく訓練されたペスト医師のチャージ+1
公僕労働経済建造物や民間ユニットの購入に必要なgold.png-50%
専業化都市化工房によるproduction.png +4
商業同盟都市化ギルド会館によるgold.png +4
隔離-キャンパス区域によるscience.png+2
疫病に感染している都市で10%の確率でpeople.png人口減少を回避
ポグロム-culture.png+2、全ての都市のgold.png +4

攻略 Edit

技術ツリーの方はペストに対抗するための建物などが揃っており、社会制度ツリーは特別素晴らしい政策がゴロゴロしているわけではないので、科学勝利がおすすめである。

序盤 Edit

開始数ターンで疫病が到来するため、人口減少後のために穀物庫と工房(ついでにゴールド系)の建設は急いだ方が良い。しかしロンドンレベルのproduction.png生産力がなければ疫病到来までに建設し終わらないため、最初からいる労働者で生産力増備が重要である。研究は城が優先的だが、自由に進めれば良い。また、難易度が高くなると(特にイングランドでプレイすると)AIがより宣戦布告してくるので、チュートン騎士やキャラベル船、騎士の増備も大切である。百年戦争は余裕があれば中盤以降に攻めれば良い。

第一波 Edit

第一波は対抗手段がないため、かなり苦戦を強いられる。ペスト流行は地中海沿岸がヨーロッパにおいての始まりなので、国内で感染した都市が出てペスト医師が解禁されれば各国北の方の街は早々にペスト医師の増産を進めるといい。この頃に城の研究が終わり、隔離区域が作れるようになるが、production.png生産力の低下により作り終わるはずがないので、(アイルランド島などあまりに余裕な地域を除いて)ペスト医師の増産を急ぐと良い。

中盤 Edit

第一波が去ったら各都市に最低一ユニットのペスト医師を配備し、そこからキャンパスだの劇場広場だの商業ハブだのを作れば良い。第二波あたりから学者と鞭打ち苦行者のどちらかを選択してが作れるようになるが、science.png科学路線なら学者、culture.png文化路線なら鞭打ち苦行者を選ぶと良い。他にも科学と文化などに関わる選択を求められるが、科学路線のときは信仰力は捨てて構わない。

略奪 Edit

チュートン騎士は敵地において戦闘力が高くなる。神聖ローマ帝国は特に周りに自由都市が多いので、これらの都市の区域を略奪すると勝利しやすい。しかしピサあたりまでいくと疫病で危険なので注意。イングランドもまた、フランスが区域を作っていればそれらを略奪できる。フランスはグレートブリテン島に渡るのが難しいのでおすすめしない。

戦争 Edit

この世界でも難易度が上がるとAIは戦争を仕掛けてくる。神聖ローマ帝国は基本的に戦争には巻き込まれず、フランスはイングランドに注力していれば良いが、イングランドはカスティーリャが攻めてくる恐れがあるためアキテーヌを守っておこう。反対にカスティーリャはアキテーヌ地方を狙ってイングランドに宣戦布告するのも手だろう。civ6のプロは高難易度の方がクリアしやすいかもしれない。



このエントリーをはてなブックマークに追加