編集 | 凍結 | 差分 | バックアップ | 添付 | ページ名変更 |
最終更新: 2018-04-15 (日) 00:29:21
FrontPage / 攻略情報 / シナリオ攻略 / バイキングと交易商と略奪者

概要 Edit

独自の技術・文化ツリーを持つシナリオ。(多分)固定マップ。
60ターンでVP(勝利ポイント)をどれだけ稼げるかを競う。

プレイヤー文明であるバイキング三国は互いに同盟関係にあり、その他の文明・都市国家とは戦争状態で固定。
バイキング以外の文明・都市国家は互いに戦争状態にある。外交はバイキング同士のみ可能。

主な変更点 Edit

プレイヤー文明(バイキング) Edit

表記されてないが、海洋ユニットの中立地帯での回復能力はちゃんとある。

スウェーデン Edit

指導者はオーロフ・シェートコヌング。経済政策スロット+1。
敵対文明から離れており、南方に広い空き地がある。
拡張し放題だが、ちょっと視界を閉ざしたらあっという間に蛮族の野営地が出現する。多少放っておいただけでも量質ともに片手間ではとても対処できない勢いになるので、視界を保ちつづけるのが一番の対策。川に沿って最短感覚で都市を埋めていこう。
自力拡張の余地が大きいぶん、略奪による宗教圧力の増加が全く追いつかないので宗教はほぼ空気になり、社会制度のツリーが途中で止まりやすいのが難点。

デンマーク Edit

指導者はカヌート。軍事政策スロット+1。
いきなりドーバー海峡で敵に囲まれた状態で始まる。
半端に自国に戻そうとしてもよほど工夫しないと砲撃で蜂の巣になるのがオチなのでブリテン島の都市国家に突撃をかけよう。
都市国家は軍備が整っていない上に対岸のフランク王国と撃ち合いしているので初期の3体だけでイングランド制圧が可能。
初期領土は狭い上にハンマーが乏しい。特にシュラン島の都市は何の役にも立たないので、ロングシップを作ったらさっさと売却しよう。

ノルウェー Edit

指導者は苛烈王ハーラル三世。海洋ユニットの移動力+2。
ロングシップを多く持つ。
他バイキング文明よりも領土にツンドラが多く、食料が乏しい反面、ハンマーは多い。

NPC文明 Edit

これ以外にも多数の都市国家が存在するが、常に戦争状態であり、使節を送ることができない。

攻略 Edit

「ヤドヴィガの遺産」シナリオ同様、最もスコアを稼いだ文明の勝利だがこのシナリオでは以下の特殊な行動でもスコアを稼げる。

1.大提督を出現させ、自然遺産ヴィンランドで消費能力を発動する。
2.水陸どちらでもよいので略奪を行う。
3.多数派宗教を持たない状態で宗教施設の略奪を行う。
4.多数派宗教を持った状態で信者を増やす。
5.終了時にゴールド、宗教ポイントを多く保有する。

1が非常に重要である。大提督を出現させたならマップ西端に向かわせよう。
世界地図で表すなら大体カナダの位置辺りに自然遺産ヴィンランドが存在する。(グラフィックはピオピオタヒ)
大提督をヴィンランドに隣接させた状態で消費能力を発動させると、発動させた順に応じたスコアが加算される。(一番乗りなら1000、後は順に500、300、200)
なので、真っ先に港区域を作り運輸で大提督ポイントを量産し大提督を独占すれば勝利は確実となる。

2〜5はダメ押し。忘れてもいいが、回復や暇なロングシップの沿岸襲撃などでボロボロスコアが加算される上に、パンテオンでゴールドがボーナスされる。
大提督1回だとフランク帝国に微妙にスコアが届かないことがあるので頭に入れておこう。

筆者のおすすめはノルウェー。デンマークは序盤にフランク王国の侵攻を防ぐために軍事ユニットを作らなければならず、スウェーデンは北海にでるために狭い海峡を通らなければならず面倒である。
ノルウェーは序盤にぬくりながら大提督を生み出し、終わったらブリテン島に侵攻するのも容易で非常に攻略が楽な文明である。

このエントリーをはてなブックマークに追加
トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 ページ名変更 リロード   新規 ページ一覧 単語検索 最終更新   スマホ版表示に変更   最終更新のRSS