編集 | 凍結 | 差分 | バックアップ | 添付 | ページ名変更 |
最終更新: 2018-03-20 (火) 21:31:00
FrontPage / プレイレポ / RaF / 宿命の大陸 / 第二話

宿命の大陸/第二話「ズールー戦争」 Edit

前回までのあらすじ Edit

BC4000年。大陸の大地に文明最初の都市を築いたスコットランド文明。
この大陸での他文明との出会いはどこか宿命染みたものを感じるものであった。
そんな中BC2880年、ズールー文明からの宣戦布告。スコットランドの運命や如何に...?

前回/宿命の大陸/第一話

第一次ズールー戦争勃発 Edit

29ターン目。ズールー文明に正式に宣戦布告される
ズールー戦争勃発.jpg
shaka.png「国力・兵力、更にはstrength.png兵質も此方が圧倒的に優っている。この戦争、敗北の余地は無い」

首都防衛戦 Edit

スターリング防衛戦.jpg
capital.png首都スターリング防衛戦。こちらの作戦は予めwarrior.png戦士を要害に立たせ防御させておき壁とし、
そして時には都市さえ壁にしつつarcher.png弓兵で敵兵たちに矢の雨を浴びせるカウンター作戦である

援軍か? Edit

第二波到来.jpg
カウンター作戦が功を奏し、最初の戦士五体の第一波は食い止めることに成功
が、立て続けにspearman.png槍兵・warrior.png戦士連合部隊が到来する。更に小規模ながら蛮族が襲来し戦場の混乱が起こる
しかし位置関係から蛮族のほとんどはzulu.pngズールー軍に向かっていきスコットランド側の被害は小規模で済む

蛮族(援軍)到来といった成果でしたこれは計画通り

robert_the_bruce.png「たまたま蛮族の野営地の位置がよかっただけな気がするがまあいいだろう」

ウムグングンドロヴ攻略戦 Edit

45ターン目。だいぶ野戦軍の撃破に手間取ったがarcher.png弓兵の数も揃い始めたので本格的な都市の制圧を始める
なおこの少し前に我が国に貴重なscience.png科学力を提供してくれていたbabylon.pngバビロンはengland.pngイングランドに召し上げられている勘弁して...
都市攻略戦1.jpg
ここに至るまでそこそこのユニットを撃破したが敵の抵抗も未だ激しく思うように戦線を前に進めることが出来ない。

暗黒に包まれて Edit

暗黒の到来.jpg
47ターン目。そんな中、世界は古典時代となる。我が国は太古に戦争以外何も出来ていないため暗黒時代へ陥る
robert_the_bruce.png「暗黒時代になると戦争による都市占領が少々厳しくなるな...」

何とか制圧 Edit

それでも制圧.jpg
53ターン目。ウムグングンドロヴ制圧。この制圧でscience.png技術やculture.png文化の閃きが4つ程貰えています。
なお、この時点でgold.png金銭的事情からこれ以上の増援兵は作れないので自都市では内政及びsettler.png開拓を始めています。(やっと資源が取れました)
流石に首都からこれだけ近いのでgovernor.png総督込みなら何とか忠誠心を保つ目途が立ちそうです。
robert_the_bruce.png「しかしculture.png文化力が出せておらず、この時点ではgovernor.png総督は採用できていない」

プチ作戦会議 Edit

さて・・・この先のズールー首都ウルンディ攻略戦だが不安要素があり、この時点で可能な限りのゴールドと資源を毟り取り講和する事も考える必要がある

・やや入りにくい立地であり敵方に全力で迎撃準備をされると敗北の恐れがある。実際問題防壁はもうすぐ建つであろう
・攻略成功できたとして暗黒時代故にまず間違いなく3ターンで自由都市化する。もしそのタイミングでズールーの追撃を受けた場合軍は全滅である
・それらを跳ねのけたとして自由都市化→占領を何度も繰り返すと人口が減り都市としての価値が著しく下がってしまう
robert_the_bruce.png「とはいえ以下の点を考えると都市攻略の続行に大きなメリットがあり更に上の問題点に対する回答もあるぞ」
・まず最大のメリットとしてズールーから首都を取り上げてしまえばその力は大きく弱まり我が国への脅威もまた大いに弱まるであろうこと
・進軍ルートの北側は山岳と丘地形だが、弓兵にとって丘は有利である。攻撃しやすく白兵の追撃も受けにくいので撤退も可能。むしろ森と川に守られた南側の方が堅牢。
・自由都市となるならいっそ軍の演習場として使ってしまえばよい。後に手にはいる人口1都市だが幸運にもウルンディ周辺は森林・ジャングルが豊富だ

首都攻略戦 Edit

首都攻略戦1.jpg
というわけで兵の回復とgovernor.png総督のliang.png梁調査官とmagnus.pngマグナス官房長を採用したのちcapital.png首都攻略戦を敢行する。
ちなみに画像の同ターン、iron.png鉄を確保するために第三都市アバディーンを建設しています

決死の攻防 Edit

首都攻略戦2.jpg
66ターン目。さすがにユニットを20体ほど倒されては神AIも堪えたのか抵抗は散発的になっている。
しかし我が軍もwarrior.png白兵ユニットが用意できず、やむなく周辺を警戒していたscout.png斥候での都市攻略を準備する

ウルンディ陥落 Edit

首都陥落.jpg
68ターン目。ズールーcapital.png首都ウルンディ陥落。結局白兵ユニットは間に合わなかったので斥候で都市攻撃を仕掛けている。用意しておいて本当に良かった。
やはりというか3ターン後に自由都市化するようだ。このまま進軍すると1ターンで都市を落とせない限り自由都市軍とズールー軍の挟み撃ちとなるので進軍は困難。
robert_the_bruce.png「ここまでが現在の我がscotland.pngスコットランド軍の攻勢限界点。完全併合などは諦めて講和するべきだろう」

第一次ズールー戦争終結 Edit

講和.jpg
同ターン都市の割譲と可能な限りのgold.png金銭及びcotton.png資源を毟り取って講和。これによりマイナスだった国庫はプラスに転じた。
shaka.png「全てにおいて劣っている相手に敗北を喫するとは...」

出会ったターンにすぐに全力で来た場合滅亡はあり得ました。しかしどうにか弓兵を揃えてしまえばあいかわらず防衛は何とかなるようです
戦争ではなく自己拡張をする場合でも弓3体ほど揃えてから拡張すれば70ターン程までは多少強引な都市出しも可能かもしれないです

自由を求めるウルンディ Edit

ヒャア反乱だぁ.jpg
71ターン目。案の定3ターン後に反乱を起こし自由都市化する。先ほどの予定通り鎮圧兼軍事演習を行う。
73ターン目。political_philosophy.png政治哲学の研究が完了。共和制で内政と行きたいところでしたがまだ予断を許さない状況のため寡頭制の採用としました

自由都市スパーリング Edit

ヒャア制圧だぁ.jpg
74ターン目。反乱鎮圧。warrior.png戦士部隊も死なない程度に都市を攻撃してレベルアップを図る。この後二回ほど反乱と鎮圧がありました

なおこの自由都市レベリングは執筆時点(2018/3/8)でパッチで獲得経験値が修正されると予告されており陳腐化した方法になります。

次の時代へ Edit

飛びまして中世へ.jpg
飛んで87ターン目。世界は中世に入りました。13ターン程我が国はsettler.png開拓やcampus.png区域建設やbuilder.png労働者による国内整備、
それらに加えてwarrior.png戦士・archer.png弓兵による反乱鎮圧などの内政を行っていました
我が国は中世時代では普通の時代となりました。英雄時代を狙っていきたかったのですが仕方ないです。区域を建てるので公約は不朽を選択。
robert_the_bruce.png「忠誠心が戻ってきたのでこの時代でウルンディは我が国に組み込めるだろう」

栄光の狙撃手 Edit

栄光の弓兵.jpg
レベリングの甲斐あってarcher.png弓兵の一体が二回攻撃を習得しました

ウルンディ陥落(二回目) Edit

ウルンディようやくゲット.jpg
89ターン目。制圧したウルンディを見るとgovernor.png総督派遣で忠誠心が落ち着くのでようやく組み込めそうである長かった・・・
総督にはmagnus.pngマグナス官房長を派遣しジャングル伐採での人口回復を目指しています

忘れさられた信仰 Edit

ここでパンテオンかぁ.jpg
91ターン目。今頃だがパンテオンが創始できるらしい。pasture.png牧草地がかなりあったので蒼天の神を選択。苦しかったculture.png文化力がだいぶ出せた。

実はこの時点で完全にパンテオンの存在が頭から飛んでいたのは公然の秘密であります

robert_the_bruce.png「二頭政治の片割れがこんなので大丈夫か?といったところで次回に続く」

宿命の大陸/第三話へ

登場人物紹介 Edit

robert_the_bruce.pngロバート・ブルース:本作の主人公。大将軍が居ないので代打で戦場に送られる。かわいそうな人。
shaka.pngシャカ・ズールー:勝てる相手に全力で勝ちに行く男。強敵であった。
victoria.pngヴィクトリア女王:本作の紅一点(ネタバレ)。この頃はガンジーとお戯れ(戦争)になっておられる。
gandhi.pngマハトマ・ガンジー:平和と人口を愛する男。実はこの大陸で最強の男だったりする。
qinshihuang.png始皇帝:中華帝国の皇帝。今日も元気に遺産建築。出来るといいね。

第二話反省会 Edit

▼ネタバレを少し含むので折り畳み

もくじ Edit

宿命の大陸トップページ
宿命の大陸/第一話
宿命の大陸/第二話←当ページ
宿命の大陸/第三話←次回のページです
宿命の大陸/第四話
宿命の大陸/第五話
宿命の大陸/第六話(完)
宿命の大陸/反省会とあとがき

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • ちょっとパンテオン遅すぎない?ある程度軍備できたらすぐ神王に変えた方がよかった気がする。 -- 2018-03-09 (金) 17:37:30
お名前:

コメント返信 Edit

※1宗教という概念が完全に頭から吹き飛んでいました。反省会でもそのことに触れております

このエントリーをはてなブックマークに追加
トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 ページ名変更 リロード   新規 ページ一覧 単語検索 最終更新   スマホ版表示に変更   最終更新のRSS