編集 | 凍結 | 差分 | バックアップ | 添付 | ページ名変更 |
最終更新: 2018-03-31 (土) 01:33:00
FrontPage / プレイレポ / RaF / 宿命の大陸 / 第五話

宿命の大陸/第五話「大陸の覇者」 Edit

前回までのあらすじ Edit

様々な困難を乗り越え光差す時代を切り開いたスコットランド。その繁栄を謳歌する中、領土的野心
に燃え、更にブリテンの統治者としての正当性を示したい隣国イングランドは不穏な動きを見せる。
AC620年。遂にイングランドはスコットランドに宣戦布告。ブリテン統一戦争の勃発である。
スコットランドへと押し寄せるイングランド軍。各地で激しくぶつかり合う激闘の末、英雄ロバート・
ブルース率いる我らがスコットランド軍はこれを撃破。攻勢に転じたスコットランド軍は各地で勝利を
おさめ、イングランドの大部分を制圧し、ブリテンの統治者としての地位を確固たるものとする。
歴史的大勝利に沸くスコットランド。このままますます繁栄への道を歩むと思われた矢先、我々はすぐさま
思い知らされることとなる。大いなる脅威がすぐ目前まで迫っていることを...超大国クリーの誕生を...

前回/宿命の大陸/第四話
正直、茶番でごまかして気分を盛り上げてかないと精神的に辛かったりしてます

注意書き Edit

プレイレポ冒頭に述べましたこのプレイレポを参考にしてはいけない下記の理由
・文明特性ガン無視
・内政における戦略ミス
・圧倒的にガバガバなプレイ
・延々と続く茶番
この辺りからこれらの要素がプレイ終了まで全開となっております!ご注意(期待)ください!

robert_the_bruce.png「遂に開き直りおったか...」

現在おかれている状況 Edit

実をいうとクリー超大国化の兆候はブリテン戦争のころから出始めており、早期に戦争終結させる必要に駆られていました。
しかしstrength.png戦闘力で圧倒できておらず、頼みの綱のcavalry.png騎兵もやや技術研究が遅れており苦しい展開でした。
更に制圧後もfacility.png快適性に大きくマイナスが付いており、国土全体がfacility.png快適性不足となり文明特性が完全に無力化されています。
あまりfacility.png快適性に余裕を作っておかなかったのもあり、大きな失策です
robert_the_bruce.png「後悔するのは自由だが過去は変えられず、時代は止まってくれない。今できる事を考えるしかない」
とにかく対策を考えるしかないです。ここまでくると勝利条件が見えてきますが、まず、初めからfaith.png宗教勝利は完全に放棄しています
次にculture.png文化勝利ですが既にこの段階でクリーに絶対に勝てないです。そしてscience.png科学勝利ですがscience.png科学力的にはそこそこ、production.png生産力的にはトップに近い
といったところでこれより全力で向かえば追いつき追い越すことは不可能ではないといった程度ですがクリーが科学に全力を出した場合を
考えると必ず勝てるという感じでもないです。最後に制覇ですが既にわが文明は二文明を撃破しており、わが文明が一番近いです

作戦会議 Edit

というわけで制覇勝利または科学勝利を目指していくのですがどちらにせよ、更なる国力をつけていかなければ技術レースについていく
だけで精一杯です。外交でひっかきまわそうにもcree.pngpersia.pngクリー・ペルシャは友好を結んでおり、かつjapan.png日本も我が国以下の力しかなく頼りにはなりません。
そもそも海の向こうからは非難声明の嵐でありこちらが何を唱えようと聞く耳など持たないでしょう
ここで視点を変えて我が大陸を見てみると、インド・中国・我がスコットランドを合わせればculture.png文化はともかくscience.png科学では安定してクリーを
追い越せる程度は出せそうに見えます。つまり、勝ちたければ私たちの今いる大陸全土の力を一つに統一する必要があるという事になります。
そのために何をするかは...というより、此方の話に聞く耳を持たない相手にできることなど、あえて言うまでもなく一つです
robert_the_bruce.png「イングランド征服から領土的野心を隠さなくなってきたな」

次の戦略目標はインドの平定です。もうヴァルに怯えていたあの頃の我々とは違うのです。暴力で解決する事がどういうことか?覚悟はできています

ゴルフコースにて Edit

1.ゴルフしようよ.jpg
172ターン目。reformed_church.png宗教改革の研究が完了し我が文明固有の改善であるgolf_course.pngゴルフコース完成。これから各地に配備していく予定
圧倒的facility.png快適性不足に悩まされている現在では焼け石に水にしかならないがそれでも配備していく

これからの時代、きっとスコットランドの閣僚たちは楽しくゴルフコンペ(密談)をすることとなっていくと思います

robert_the_bruce.png「ゴルフ場をまるで怪しい施設かのように表現するのはいかがなものか?」

戦争に備えて Edit

現在我が国は黄金時代の戦闘準備!を選択しているため、戦線事由として黄金時代宣戦が可能です。これを利用してさっさと
nationalism.pngナショナリズムのinspiration.png閃きを得て軍団化をすすめ、敵をstrength.png質で圧倒していく・・・というのが当初の作戦でした。
しかし、どうも中国がインドへ共同宣戦をする場合、多額のgold.png資金援助(この時、我が国は慢性的な資金不足に陥っていた)を
行ってくれるとの話なのでそのgold.pngゴールドに目がくらみナショナリズムのinspiration.png閃きは諦めて彼らとの共同宣戦をする方向で調整を
行っていくことにしました
qinshihuang.png「狂犬を飼いならすには金に限る」

マジノ線(仮) Edit

2.マジノ線かっこかり.jpg
まずはcavalry.png騎兵を中心とした首都直行ルートを行ける本丸攻略部隊をバーミンガム・シェフィールド間に集結させておきます
さらにインドと旧イングランド領の国境線上にknight.png騎士及びcrossbowman.png熟練の弩兵を配置し、可能な限り強固な防衛線を構築したいと思います
インドは高い軍事力を誇っていますがこれを越えるのは苦労するでしょう。せっかくなのでこの防衛線をマジノ線(仮)と名付けます
robert_the_bruce.png「不穏な気配がするが気のせいであることを祈ろう」

イングランドの消滅と軍の強化と Edit

3.さらばイングランド.jpg
176ターン目。ハルが反乱を起こしイングランド消滅。と同時に緊急事態の達成報酬をゲット。このゴールド渡りに船です
4.軍団化へ.jpg
178ターン目。ナショナリズムの研究完了。これにて軍団化が可能に。この10ターン程度の待ち時間で作った騎兵・弩兵・騎士を
それぞれ待機中の熟練部隊と合流させ軍団化を行います。

インド征服戦争開戦 Edit

5.戦争も外交.jpg
179ターン目。準備完了です。インド軍は我が国の1.5倍ほどの規模を誇っていますがstrength.png兵質ではこちらが上回っておりこの戦い十分に
勝算はあるとみてよいでしょう。あとは各部隊の奮戦を期待しています
robert_the_bruce.png「前回のブリテン統一の際にうまく使えていなかった大将軍もここで活躍できるぞ」
6.ハイパー資金援助.jpg

と、いうわけで同ターン。中国から多額の資金援助を貰い、共同宣戦を布告します。我らが大陸がため、統一以外に見出せる活路はないのです!

gandhi.png「統一こそ唯一の道などと喚き、あろうことか暴力で解決せんとする貴殿らに指導者の資格なぞ無い。受けてたとう」
robert_the_bruce.png「この暴力とやらが完全に正当化されているなどと思ってはいない。だが我々は大陸のため武器を握らねばならぬ宿命にあるのだ。」
qinshihuang.png「ククク...これで双方とも弱ってくれれば朕が付け入る隙もあるかもしれん...」

激戦!グラナダの戦い Edit

7.シェフィールド攻略.jpg
翌180ターン目。本丸攻略部隊がシェフィールドを攻略。しかしこの先はやはり抵抗が激しくしばらく足止めを食らうことに。
そしてマジノ線(仮)の様子だが...あれ?あんまり兵が来ないぞ?
8.第二次グラナダ防衛戦.jpg
しまった!インド軍はクマシ・グラナダ方面から直接我が国本土に攻撃を仕掛けるつもりらしい!この全ての軍がなだれ込んできては
追加生産しているcavalry.png騎兵を防衛にあてたとしても多大な被害を被ってしまう!
9.激戦グラナダの戦い.jpg
しかし、我が同盟都市国家granada.pngグラナダが決死の覚悟で壁となり、インド軍の足止めに成功。マジノ線(仮)より移動したスコットランド第二部隊が
グラナダに集中するインド軍に背後から一斉攻撃をしかけ大損害を与えることに成功。しかしインド軍も着々と増援を送ってきており戦線は膠着する。

そう、グラナダが我が国の同盟国家であるからインド軍は完全に蓋をされていたのだ。そしてグラナダに気を取られているうちに背後から攻撃をしかけるといった寸法よ...計算通りだ

robert_the_bruce.png「すぐにバレる嘘をつくのは悪い癖だ。真似しないように」

なおこのグラナダ防衛戦がこのインド征服戦争での最大の激戦となりました

あれれ?反乱が Edit

10.あれれ.jpg
戦争中ですが183ターン目。元同盟都市国家のbuenos_aires.pngブエノスアイレスが中国から離反し我が国の傘下に加わる...そういえば中国は今暗黒時代でしたね
最終的には手に入ったのでとりあえずよしとしておきます...それから忠誠圧力的に、もうこの近辺にgovernor.png総督を縛り付けておく必要がなくなりました
robert_the_bruce.png「ズールーの一件で日和った結果こうなっている。当たり前だが位置関係でどうするかは重要だ」

因みに解放戦争の戦線事由を完全に失っています。指導者特性ェ・・・

11.コルカタ陥落.jpg
185ターン目。コルカタ陥落。グラナダの戦いはかなりインド軍に堪えたのか敵部隊の抵抗が減ってきている。そして、これからは忠誠圧力も厳しいので
拙速な進軍及び都市の制圧が求められる。気合を入れていこう

最大の大失策 Edit

12.大技術者ゲット.jpg
同ターン。great_engineer.png大技術者のエッフェルさんをゲット。遺産に沢山の production.png生産力をくれるシンプルに優秀な偉人だと思います

と、いうわけでちょうど暇つぶしに作っている遺産にほおりこんじゃおー☆

robert_the_bruce.png「暇つぶしで結構貴重な偉人を使い捨ててしまうというとんでもない大失策であるとは気づいていないようだ」
13.わーいいしゃんらー.jpg
というわけでRaFで追加された遺産casa_de_contratacion.png通商院が完成。これを建設することでgovernor.png総督のレベルアップが3つ手に入るらしい。これでamani.pngアマニ外交官を採用しています

わーい♪いしゃんらー♪やったあー♪

robert_the_bruce.png「・・・」

インド征服はここに成る Edit

14.マドゥライ制圧.jpg
187ターン目。グラナダの戦いを制したスコットランド軍はマドゥライの制圧に成功。ここでインド征服の成功を確信しました。
robert_the_bruce.png「この後は消化試合になるとよいが」
15.ハルがきた.jpg
189ターン目。元イングランド領のハルが我が国に加わる。沿岸都市であるがもう少し育っていてほしかったなと思ってます
16.首都デリー陥落.jpg
同189ターン目。インド首都デリー陥落。更に翌190ターンにはマイソールを陥落させました。これでインドは完全に終わりました
17.クマシ攻略.jpg
同ターンに元文化都市国家クマシを攻略。この都市には遺産のhuey_teocalli.pngヒューイ・テオカリがあり位置的にも解放はせずに我が国に加えます
18.できちゃった.jpg
190ターン目。なんとなく造っていたangkor_wat.pngアンコールワットが完成してしまう。各都市のpeople.png人口とhouse.png住宅を+1してくれるらしいがfacility.png快適性がさらに苦しくなる
robert_the_bruce.png「我が文明の特性を本当になんだと思っているのか?」

もう快適性は絶対に無理だと諦めて開き直った遺産建造です

三正面作戦? Edit

19.外圧になど.jpg
20.屈するものか.jpg
191ターン目。cree.pngpersia.pngクリー・ペルシア連合、スコットランドに共同宣戦。これで我がスコットランドは三正面作戦を強いられる可能性が出てきました。
クリーとペルシアの軍事力を統合すると我が国の2.5倍であり、それらが殺到してくる場合は全力で迎え撃たねばなりません
21.マイソール及びチェンナイ陥落.jpg
同ターン。チェンナイを攻略しています。対クリー・ペルシア連合を考えここでの講和も考えましたが、講和するタイミングは連合側がどの程度の
兵数で此方に向かってくるか?その兵科や規模を知ってからでも遅くはないので、ここはクリー・ペルシア連合が見えるまで講和は先延ばしにします。

海に潜む魔物 Edit

22.海に潜む魔物.jpg
同じく191ターン目。クリーはすでにsubmarine.png潜水艦の配備が進んでいる模様。文化重視の傾向である以上は技術の上ルートを進んでいたと考えられるため、これは
予想できる事態でした。しかし、これは無茶な上陸作戦を仕掛けた場合は潜水艦がそこらから来て片っ端から沈められるといった事態が起きる可能性が高い
であろう事を意味しています。このことでsubmarine.png潜水艦またはdestroyer.png駆逐艦の配備と強力な海軍の創設の必要性を確信しました
23.アーメダバード攻略.jpg
少々飛んで194ターン目。アーメダバードまで制圧。前の192ターンに都市国家armagh.pngアーマーも征服しています。
このことで緊急事態が起きましたがガンジーしか参加者は居なかったようなのでただのgold.png臨時ボーナスです
24.コラール制圧.jpg
195ターン目。コラール制圧。インドの都市はあと一つです。field_cannon.png野戦砲も配備が進んできました
25.ハイランダー.jpg
と同ターンに我が国の固有ユニットのhighlander.pngハイランダーを作成。クリーのokihtcitaw.png斥候がうっとおしかったので近くの斥候をアップグレードしました。
残念ながらハイランダーとしての活躍はここで終わりですが、このユニット自体は後にspec_ops.png特殊部隊となって昇進の「待ち伏せ」を覚え、ある程度活躍します
ところでcree.pngpersia.pngクリーとペルシアですが一向に兵を送って来る気配を見せません。強いて言うならsubmarine.png潜水艦を一隻だけ見せつけて恐怖を煽ってきたくらいです

インド征服戦争の終結 Edit

26.大軍団へ.jpg
196ターン目。mobilization.png戦時動員を研究完了。やっとこさ大軍団の編成が可能となる。インドにはオーバーキルですがこれからの敵はそうじゃないでしょう
27.さらばインド.jpg
197ターン目。最後の都市ムンバイを制圧しインド滅亡。さらばガンジー。そして緊急事態のgold.png臨時ボーナスももらえました
gandhi.png「暴力に完全な敗北を喫したか...だが果たして本当にそれが勝利と言えるかな...?」
qinshihuang.png「あの大国インドを完全に打ち負かすとは...スコットランド、その力を見くびっていたかもしれん...!」
28.秀容がなかまに.jpg
同ターンに中国の辺境都市秀容が我が国の傘下に加わっています

中国保護(物理)戦争 Edit

インドは滅び、我がグレートブリテン大陸(仮称)に残る文明は二つとなりました。もう一つの文明の中国はculture.png文化力が少し出ている程度で
それ以外の分野では下から数えた方が早い程度ではっきり言うと弱い国です。そして我々にはそうした国を保護する義務があります

身勝手な理由 Edit

29.最後通牒.jpg
同197ターン目に中国に非難声明(最後通牒)を送っていました。内容はオブラートに包むと大陸のために中国はスコットランドと合併しようという話です
qinshihuang.png「何?ふざけるな!そんな内容が飲めると思っているのか!?」

※もちろんこれっぽっちも思ってはいません

30.これもまた宿命.jpg
その内容が飲めないというので199ターン目。中国に宣戦を布告します。危機に瀕している文明を保護(物理)するのは偉大なる文明の責務なのであります
qinshihuang.png「なんという身勝手極まりない理由!許さん!」
robert_the_bruce.png「貴殿の口からその理由が身勝手などという言葉が出るのは意外だったぞ?」
31.変わった運命.jpg
同199ターン目にgreat_general.png大将軍の王妃ラクシュミー・バーイーを獲得しています。インド征服後にこの人が来るとは何の宿命か?
robert_the_bruce.pngengland.pngイングランドではなくscotland.pngスコットランドであったから運命が変わったのかもしれんな」
32.外交大商人ゲット.jpg
更に同ターンにgreat_merchant.png外交大商人のメアリー・キャサリン・ゴダードを獲得しています。これで戦闘も有利になるはずです
RaFより相手より外交視野が高いと戦闘力+3を貰えます
33.成都制圧.jpg
戦争開始直後、成都を制圧しました。大軍団などを用いているので中国にもややオーバーキル気味なのかもしれないです
それとこのターンにクリー・ペルシア連合とは白紙和平を結んでいます

蹂躙される中国 Edit

34.首都西安陥落.jpg
少し飛ばして204ターン目。首都西安陥落。pike_and_shot.png槍銃兵が多く配備されているため、騎兵主体な我が軍は多少苦戦しますが
field_cannon.png熟練野戦砲の前には成す術がないようです。その前の武漢は202ターンに制圧しています
35.北京陥落.jpg
翌205ターン目。北京陥落。
36.近代へ.jpg
中国戦の途中ですが時代が変わり世界は近代へと時代が変わりました。我が国は黄金時代を維持し、相変わらず戦闘準備!を選択
robert_the_bruce.png「これはtaj_mahal.pngタージマハルの存在がかなり効いていると思われる。因みに三連続黄金時代なので実績がとれたぞ」
37.膠東攻略.jpg
207ターン目膠東攻略。

巨竜(?)墜つ Edit

38.さらば中国.jpg
208ターン目最後の都市上海を制圧し中国滅亡。上海は沿岸都市なので少し出来ていたfrigate.png海軍で攻撃して経験値を貰えました

中国は滅んだがこの地の民へは大いなる栄光を授けることを約束しよう。さらばわが友よ

qinshihuang.png「なんと白々しい事を平然と宣う奴か...」
robert_the_bruce.png「血迷ったことを言うのはもう聞きなれてしまったな」

何はともあれこれで我がグレートブリテン大陸(仮称)の統一はここに成りました。そして次に目指すは新大陸です!

robert_the_bruce.png「むしろこちらが新大陸扱いされていそうな気もするが」

これからの展望 Edit

この次は内政に集中するかそれとも戦って終わらせるべきかもう悩む必要もありません。cree.pngpersia.pngクリー・ペルシアともに
我が大陸に宣戦を布告してきており、こちらへの領土的野心は明確なものであるとみて取れます。よって我が国は
この大陸の守護者として、これらの脅威を恒久的に取り除く義務があるのです。
よって次はクリー及びペルシアを恒久的に無力化します。しかしながらクリーはsubmarine.png潜水艦など海軍で我が国を大きく
上回っていることが予想され、無策での上陸は厳しいでしょう。更にscience.png研究が我が国より進みculture.png文化勝利を狙うクリーは
おそらくsteel.png鉄鋼などはとっくに研究済みだと思われますのでartillery.png攻城兵器も必要ですというわけでこれから我が国は全力で
沿岸・港都市ではbattleship.png戦艦とsubmarine.png潜水艦を、内陸都市ではartillery.png大砲の生産に取り掛かります
robert_the_bruce.png「?そこはbomberd.png射石砲とfrigate.pngフリゲート艦の建造を既に進めておくべきではなかったのか?」

建造する前に工場とか士官学校とか造船所とかつい作ってたら研究が進み過ぎていて気づいたら陳腐化していました。てへぺろ

robert_the_bruce.png「優先順位というものが分かってない故にこれから余計な苦労をすることとなる」

国家転覆? Edit

210ターン目。中国の保護が完了し軍事行動にひと段落付きました。少しの空白ができた軍本部は陸軍に演習も兼ねて
旧中国領東にあるgiants_causeway.pngジャイアンツコーズウェイへの巡礼を命じます。ということでgreat_general.png将軍たちは兵を率いて行軍しました。
しかし意気揚々と都市を出ていった一行は恐るべきものを目の当たりとすることに...
39.蛮族の大軍勢.jpg
なんとそこには一国の軍にも比肩するほどのmusketman.png大軍勢が集まっていたのです!これほどの数ともなれば国家の危機です!
急いで我が軍は鎮圧を図ります。
40.フィオンの槍よ.jpg
215ターン目。国家同士の戦いにも比類する激戦の末、我らの部隊は何とかこれを鎮圧することに成功しました。しかし
ここで重大な問題が。この規模ともなると手引きするものがいたはずです。それは誰か?我が政府は緊急に政府情報局
に緊急の調査を命じます。そして、我が政府情報局は恐るべき情報を入手しました
「この一件にはpoundmaker.pngクリーが関わっている。彼らはスコットランドの崩壊を悲願としている」何という事か、我らはクリー
にこのレベルの反乱を起させるほど脇が甘かったのか。そしてますますクリーを倒さなければいけなくなりました。
なおその後スコットランド軍は予定通りgiants_causeway.pngジャイアンツコーズウェイの巡礼を行いました
以上。1520年。スコットランド内部文書より

なお国民にはクリー系武装市民を中心とする大規模な武装蜂起が大陸南東で発生したとの政府発表をしました

この一件によりクリーは明確に敵国だとの世論を形成することに成功しました
robert_the_bruce.png「悲しいけどこれ全部プロパガンダなのだよ」

大失策の対価 Edit

robert_the_bruce.png「ところで。確か口を開けば海軍ガーなどと年中宣っていたな?」

はい。海軍は大切です。特にこの次の戦争を考えると。

robert_the_bruce.png「ではこれはなんだ?」
41.なぜ作らなかったし.jpg
215ターン目venetian_arsenal.pngアルセナーレ・ディ・ヴェネツィア完成。海洋ユニットを作ったときもう一つ同じユニットを貰える。
大規模な海軍を作りたい場合にはほぼ必須である遺産。海マップでは多分最強遺産。これを作るためtraderoute.png交易路集中していた。
robert_the_bruce.png「わざわざ海岸線にindustrial_zone.png工業区域を作っておきながら185ターンのgreat_engineer.png偉人をどうでもいい遺産に突っ込んだな?」

はい。最大の失策です。そのころ作っていれば今ごろはある程度の海軍は形になっていました。

robert_the_bruce.png「あまりにも酷過ぎた為、反省会には持っていかずにここでツッコミをいれておくぞ」

赤に染まりゆくスコットランド Edit

42.その赤は何の色か.jpg
216ターン目。class_struggle.png階級闘争の研究が完了。スコットランドは共産主義を採用。その理由としてはtotalitarianism.pngファシズムでは経済政策が少なすぎて辛い。
suffrage.png民主主義は強いが今の現状では軍事政策が足りなさすぎる。というわけで生産力補正も手に入って軍事政策も経済政策もバランスよく使える
class_struggle.png共産主義を採用。足りないワイルドカード政策はforbidden_city.png紫禁城で補う
robert_the_bruce.png「実は単純にeconomic_policies.png五か年計画が欲しいだけだったりする」

大陸全土を一つに統一し、大陸の覇者となったスコットランド。そして赤く染まりゆくその赤は何の色か?といったところで次回、最終回

robert_the_bruce.png「グダグダプレイと茶番に最後まで付き合ってくれれば幸い」
宿命の大陸/第六話(完)へ

登場人物紹介 Edit

robert_the_bruce.pngロバート・ブルース:本作の主人公。大将軍がやっと機能したためもう前線に出なくて良くなった。
shaka.pngシャカ・ズールー:故人。かつての彼らとの戦いで手にした昇進付き遠距離部隊はグラナダの戦いで大活躍であった。
victoria.pngヴィクトリア女王:本作の紅一点。去り行く前にもう少しハルを育てていて欲しかったなぁ。
gandhi.pngマハトマ・ガンジー:平和と人口を愛する男。この世紀末大陸ではガンジーIIになりそうだったのでその前にご退場願った。
qinshihuang.png始皇帝:中華帝国の皇帝。我らの元同盟国。征服するのは最後にすると言ったな?あれは嘘だ。キャラ的に惜しいけど。
tokimune.png北条時宗:日本の執権。どうやら宗教重視らしい。しかしはっきり言ってしまうとこの時点ではあらゆる面で空気になってました。
poundmaker.pngパウンドメーカー:クリー国の大統領。この辺りから遺産厨。我らグレートブリテン大陸南東の大反乱の首謀者とされる(大本営発表)。
cyrus.pngキュロス:ペルシアの大王。この時点でクリーの属国に成り下がったと思い込まれている。地味に研究頑張っていたりする。

第五話反省会 Edit

▼ネタバレを気にする感じでもないですが折り畳み

もくじ Edit

宿命の大陸トップページ
宿命の大陸/第一話
宿命の大陸/第二話
宿命の大陸/第三話
宿命の大陸/第四話
宿命の大陸/第五話←当ページ
宿命の大陸/第六話(完)←次回のページです
宿命の大陸/反省会とあとがき

コメント Edit

コメントはありません。 Comments/プレイレポ/RaF/宿命の大陸/第五話?

お名前:
このエントリーをはてなブックマークに追加
トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 ページ名変更 リロード   新規 ページ一覧 単語検索 最終更新   スマホ版表示に変更   最終更新のRSS