編集 | 凍結 | 差分 | バックアップ | 添付 | ページ名変更 |
最終更新: 2018-06-25 (月) 14:09:00
FrontPage / プレイレポ / RaF / 工業マウソロス / 4.あとがきと考察

プレイレポ/RaF/4.あとがきと考察 Edit

クリア評価と各種グラフの考察 Edit

クリア評価と各種表 Edit

1.文化勝利の達成.jpg
我がイギリス文明は無事文化勝利を迎えることができました。
2.プレイ評価.jpg
プレイ評価は1058でイワン雷帝レベルでした。今回のプレイではスコアはあまり気にしていなかったです
3.ターンごとのスコア.jpg
ターンごとのスコアの表。実は最後までドイツに負けています。
4.ターンごとの科学力.jpg
ターンごとの科学力の表。中盤まではギルガメシュで終盤一気にジョンカーティンが伸ばしています。
我がイギリスはそこまでの科学力は不要なので最終的には伸び悩んでいますが問題ありません。
5.ターンごとの文化力.jpg
ターンごとの文化力の表。ルネサンス時代で追いつき、産業時代後半で一気に突き放しました。
ただこの文化力でもソーシャルメディアの到達がクリア3ターン前なのでまだ工夫の必要はあるかもしれません。
6.ターンごとの信仰力.jpg
ターンごとの信仰力の表。ドイツが終始圧倒的です。我が国はあまり信仰力を意識していませんが自然遺産ウルルや
伝播してきた道教から信仰力をそれなりに得れました。ラッキーです。
7.取得した偉人の合計.jpg
取得した偉人の合計です。ドイツがこれまた圧倒的です。我がイギリスは序盤は少しの大提督と大技術者しか取れていませんが
後半はプロジェクト連打の甲斐もあり文化系偉人をかなりの数採用できています。最終的にドイツを抜き去ることができています。
8.建てた遺産の合計.jpg
建設した遺産の数(別名遺産厨指数)です。ここもドイツがたくさん建設しています。我が国はルネサンス時代あたりから一気に遺産を
建設しており最終的に11の遺産を建設しています。
9.各国の都市数.jpg
各国の建設した都市数のグラフです。我がイギリスは序盤の開拓重視の政策で一時的にトップに躍り出ています。そのタイミングで
今回のプレイでは開拓を終了しましたが、国立公園やリゾートを考えると12都市くらいは建てるべきであるとは思います。

クリア後ターンの各種表 Edit

10.世界総合ランキング.jpg
238ターン目の世界総合ランキングです。科学はオーストラリアがトップ。文化は我がイギリスが圧倒的トップ。
制覇は実は前の戦争でエジプトの首都をとったギリシャがトップ。宗教は4文明改宗したドイツがトップです。
11.世界スコアランキング.jpg
スコアランキング。我がイギリスは残念ながら2位です。ドイツが一位なのはクリア後のグラフを見れば何となく納得はできます
12.世界科学ランキング.jpg
科学ランキング。まだ誰も宇宙船の作業に取り掛かれていません。時間的にはだいぶ余裕があるとみてよいです。
13.世界文化ランキング.jpg
文化ランキング。我がイギリス文明が勝利済みです。基本ターン10人程度の増加でしたが最後の2ターンは毎ターン17人ほど観光客が増えています。
ソーシャルメディアの解禁がそのあたりだったのでひょっとするとその政策がここまで効いているのでしょうか?
14.世界宗教ランキング.jpg
宗教ランキング。ドイツが4文明を改宗させていました。しかし海の壁は厚かったのかもしれません。
15.おまけ_最終的な時代スコア.jpg
おまけ。最後の我がイギリスの時代スコア。もし次の原子力時代までもつれ込んでも黄金時代を維持できます。考古学者の発掘でかなり稼いでました。

マウソロス戦略の反省と考察 Edit

執筆者がこの戦略を用いるときの話 Edit

冒頭にも述べましたがmausoleum.pngマウソロス霊廟を建設した上でindustrial_zone.png工業区域をスパムし、強化されたgreat_engineer.png大技術者の力で優位に立つ
というのがこの工業マウソロスの基本戦略です。
執筆者は欲しい大技術者ならゴールドを他文明からgold.png借金してでも採用することを多用します。この借金ができるように他文明
との外交関係はよく確認した上で極力大事にします。
その建設条件からアイランドプレートや群島などの海マップにおいて扱いやすい戦略だと思っています。それ以外の例として
執筆者が大陸マップやフラクタルマップでも試してみたところ、孤島や半島などのような引き籠れる立地の場合はそれなりに
有用な戦略でした。パンゲアマップは執筆者があまりプレイしないので有用性は未確認です。

マウソロスは安定して建てられるのか? Edit

mausoleum.pngマウソロス霊廟は神だとおよそ110ターン(スピード標準)くらいにはほぼ建っているイメージです。なので100ターン程度で
完成できるならある程度安全に建設できると思います。
この100というターン数は社会制度ツリーの同じくらいの位置にあるgreat_library.pngアレクサンドリア図書館(60ターンくらいで建つ)と
比べるとずいぶんとAIが悠長な感じがします。なぜAIは遅いのか?執筆者が思うに、AIはfaith.png宗教に注力することが多く古典時代
で下ルートを直行するAIが多いのでその結果、防御戦術ルートを進むプレイヤーのライバルが少なくなり建てられるチャンス
が生まれているのだと思っています。

ラッシュは使えるのか Edit

このマウソロス霊廟を主軸にするプレイでは古典と中世で全力で内政をする都合上、swordsman.png剣士ラッシュとknight.png騎士ラッシュ
は難しいと感じました。執筆者の腕ではそれらを用いた場合はマウソロス霊廟がいらないような感じになってしまいました。
逆に再序盤はあまり縛られないのでarcher.png弓ラッシュは可能だと思われます。ラッシュが終わったのちにマウソロス戦略を行うか
また別の戦略でプレイをするか見極めることができました。
このマウソロス戦略は古典と中世で引き籠ったのちルネサンス中盤から国力を一気に増していくような形になるので、海マップ
ならばgreat_engineer.png遺産大技術者の力で一気にアルセナーレ・ディ・ヴェネツィアを建設し、そこからのfrigate.pngフリゲート艦ラッシュを行って
一気に制圧するようなプレイはできそうです。各地の工業区域からの生産力を活かし、紫禁城目当てで行くであろう印刷から
そのまま下ルートを行って軍事学からのcavalry.png騎兵ラッシュを行うことも可能ではありそうです。しかしこれらの方法は執筆者が
用いたことはないのでこれ以上詳しく述べることはできません。

最適な勝利条件は何なのだろうか? Edit

今回はculture.png文化勝利を狙いました。遺産大技術者が強化されているので多めに遺産を建てていけることと各地の工業区域による
生産力で以外と重い劇場区域と建造物と考古学者などをなんとか作れること、マウソロス霊廟自体が少し観光力を発しているので
それを利用できることといったものが文化勝利に役立つ点でしょうか...
以上のように工業マウソロスは生産力で勝利をつかむような戦略ですので本来はscience.png科学勝利のほうが向いていると思われます。
このCiv6wikiの科学勝利のページにもこのレポの執筆前からマウソロス霊廟は科学勝利に必須級な遺産だとすでに書かれています。
やはりセルゲイ・コロリョフ(宇宙船パーツにproduction.png1500)を二回使えるのはとても大きいです。
ただ、執筆者はマウソロス霊廟の力を何か他にも使えないかと考え、文化勝利でも役立つのでは?と考えて文化勝利をしました。

工業マウソロス戦略をまとめて Edit

冒頭に述べたことの繰り返しになりますが、この戦略を用いる場合は孤島や半島のような引き籠れる立地で、その土地がある程度
伸びそうな良立地である場合にそれなりに有用な戦略だと思います。アイランドプレートや群島はそうした立地を引き当てやすい
ので用いりやすいかと思います。大陸やフラクタルなどでも地形次第で有用となることがありました。
個人的には強化された大技術者の力と工業区域によるproduction.png生産力で勝利を掴むようなイメージです。また、欲しい大技術者ならゴールド
を他文明から破産しない程度にgold.png借金してガンガン採用していくほうがいいと思います。執筆者はその手を中世〜産業時代で使います。
というのが執筆者がこの戦略を用いる場合に考えていることです。何かの参考になれば幸いです。

文化勝利とイギリス文明についての考察と反省 Edit

執筆者の文化勝利のイメージ Edit

文化勝利にあたって必要なものは当然tourism.png観光力なのですが、それはどこから出てくるものか?執筆者はそれを大まかに7つと考えています。

1.都市や区域の建造物から出てくる観光力。最も確実かつ自然と出すことができますが効果はやや地味な感じ。
2.シーサイドリゾートや国立公園や文明の固有改善から出てくる観光力。良い土地が必要なので開拓や戦争も考える必要がある。
3.遺産から出る観光力。倍になるフランスでも特別大きくはない。しかし無理せず作れるなら内政の補助にもなる縁の下の力持ち。
4.文科系偉人の傑作から出る観光力。劇場広場をスパムしてのプロジェクト連打で意識的に作ることができる。傑作スロット数に注意。
5.考古学者の発掘による秘宝からでる観光力。文化系偉人より確実性が高くプレイヤーが直接介入できる部分が多いのが特徴。
6.遺物や聖地から出る宗教的観光力。文化勝利と宗教を両立させるのが難しい。国立公園もある意味このカテゴリーと考えている。
7.大商人から貰える観光力。商業偉人はAIにも人気が高く採用できるのか確実性にやや乏しい面がある。効果はそれなりに大きい。

今回の海マップにおける工業マウソロス戦略での文化勝利は上でいう6と7の宗教と大商人の観光力を完全に切ってその代わりにほかの分野
を工業区域+技術者の生産力による内政力で大きく伸ばしていくイメージで行っています。2の土地の部分はややつながりが薄く見えますが
空いてる高アピール地へ派遣する開拓者のための生産力を賄ったり、他国から直接奪う実力行使のための部隊を作る生産力に繋がります。

マップとの相性 Edit

今回は海マップなの沿岸地形が多くアピールが高めなので上でいう2の土地から出る観光力が伸びやすく文化勝利しやすい環境です。
他のマップの場合はリゾートを設置できる場所が意外と少なく苦労するかもしれません。

イギリスの力 Edit

今回使用したengland.pngイギリスは自分で開拓した都市限定とはいえarchaeological_museum.png考古博物館の効果が実質二倍以上になるという非常に文化勝利
に向いた文明だと思われます。更にharbor.png港半額なのでtraderoute.png交易路が増やしやすく、マウソロス霊廟が立てやすいです。
sea_dog.pngシードッグも電気への閃きのために作る私掠戦から時代スコアをもらえるので役に立っています。redcoat.pngレッドコートはこの戦略
の場合だと時代スコアを稼ぐためのユニットにしかなりません。しかも下ルートは遠いです。制覇なら使い道はいろいろ考えられます。
話を博物館に戻すと執筆者は文化勝利をする際に都市スパムまたは拡張(12〜16都市が目安)をした上で劇場区域スパムして考古博物館
を作り世界各地に大量の考古学者を派遣するのですが、イギリスはその苦労が半分程度でも成り立つので強かったです。

ミスをしていた点 Edit

今回執筆者は国立公園を作っていません。何度か行ったテストプレイでは信仰力を完全に無視していたため自然主義者を出すための
faith.png信仰力も無いという展開が基本でその癖が染みついていました。逆に言えば信仰力が0でも文化勝利は問題なくできます。
あと一つ、途中で開拓をやめていた点もミスかもしれません。上の国立公園を立てられそうな土地は近場にいくつかあったのでそこに
国立公園や劇場区域をうまく作っていれば早い段階でより高い観光力を出せて最終的な観光力はtourism.png3000を越えれたと思います。

未確認な点 Edit

シーサイドリゾートは平地にしか作れないと執筆者は思い込んでいるが、このwikiの地形改善のページにはそんな制約の記述はなかった。
もしかして丘陵などでも関係なくリゾートは作れたのでしょうか?その場合はコルコバードのキリスト像を取りやすい特性からこの戦略の
文化勝利はより強力になると思われます。
→一度Civ6を起動して無線通信のテクノロジーから説明文を確認したところ、執筆者の認識通り平地にしか作れないと書かれていました。

最後のまとめ Edit

文化勝利と内政プレイが久しぶりにしたいと考えた結果としてマウソロス霊廟を用いた戦略を思いつきプレイレポとしました。
このプレイレポが何かの参考となれば幸いです。ここまでのご精読ありがとうございました。

もくじ Edit

工業マウソロス/トップページ
工業マウソロス/1.マウソロス霊廟を建てるまで
工業マウソロス/2.技術者は渡さない
工業マウソロス/3.世界を掘り返そう
工業マウソロス/4.あとがきと考察←現在のページ

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 面白かった -- 2018-06-24 (日) 13:03:21
  • 連続投稿お疲れさまでした。 -- 2018-06-24 (日) 19:39:29
  • 内政レポありがとうございます!楽しく読ませて貰いました。 -- 2018-06-29 (金) 11:21:15
  • 読みやすく面白かったです
    反省の仕方も参考になりました -- 2018-07-24 (火) 02:27:15
お名前:
このエントリーをはてなブックマークに追加
トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 ページ名変更 リロード   新規 ページ一覧 単語検索 最終更新   スマホ版表示に変更   最終更新のRSS