編集 | 凍結 | 差分 | バックアップ | 添付 | ページ名変更 |
最終更新: 2020-09-24 (木) 19:38:38
FrontPage / プレイレポ / GS / シュメールプレイ集 / パンゲア中2

プレイレポ/GS/シュメールプレイ集

設定 Edit

文明難易度ゲームスピードマップタイプマップサイズ文明数災害の激しさver
sumer.pngシュメール標準パンゲア821.0.4.8

まあもう負けませんね。反省しましたからね。反省した俺は……強いぜ。

初期立地 Edit

d1.jpg
面白い立地じゃないですか?直下2/1で1マス範囲にハンマー2が一つも無いですが、その分食料が大量にあるので、範囲が広がるのも早いでしょう。
聖地候補となる山岳に囲まれたヘクスも東にあり、あんまりこういう立地経験ないけどキープしてみました。

d2.png
分かりにくいスクショですが、初期位置から北にギリシャ、戦士を走らせた南にインカが見えました。
悩んだ末にギリシャに狙いを定め、リロード権を一回ここで切りました。(1/3)

ギリシャ戦 Edit

d3.jpg
一都市沿岸に位置するものがありますね。
ここはガレー船が出る前にさっさと落としておきたい。
回復剤となる農場もあるので、1戦士1戦闘車でもギリ落とせると判断。というか賭けですね。
d4.jpg
落とす事にし、落とせました。この後瀕死の戦士はマップを逃げまわって戦線への復帰めっちゃ遅れました。

d5.jpg
ギリシャの抵抗はかなり薄かったんですが、どうも北のほうに蛮族が居てボコボコにされてたみたいですね。
開拓者ももらえて嬉しいね。

d6.jpg
パンテオンはまさかの炉の神残り。ありがたくいただきました。

d7.jpg
d8.jpg
蛮族と反乱都市を制圧している間にインカに喧嘩を売られました。
d9.jpg
まあウルクはプレイヤーでも攻めにくい立地にあり、脳筋のAIに落とされる心配はありません。
ゆっくり戦闘車を派遣しながら対処します。アポロン神殿踏まれると建設が止まるのが痛いですね。

d10.jpg
そしてギリシャの奥の砂漠を越えたところにオスマン発見。
前プレイで苦汁を飲まされた相手で、カタパルト量産とかされるとうざいな〜と思いながらも宣戦。

オスマン戦 Edit

d11.jpg
メチャクチャ弱いです。前回のしぶとさはなんだったんだ?
d12.jpg
スキタイに出会ったので非難が飛ぶ前にインカへの宣戦依頼を通しました。
なんか最近の宣戦依頼の通しやすさおかしくないですか?
無印からしばらくやってなくて帰ってきたら、宣戦依頼して金が貰える謎のゲームになっとるんやけど。
d13.png
オスマンもギリシャ同様蛮族に悩まされていました。
しかもこれ蛮族の騎乗兵(弱いやつ)じゃなくて普通の騎乗兵だ。俺もきついわ。
d14.png
宗教創始。いつもの構成なので省きます。
d15.jpg
d16.jpg
情けないオスマン軍に変わって蛮族を退治してるうちに弓兵で後ろから撃たれて戦闘車が何体か死にましたが、
さしたる問題なく征圧。
ただフランクフルトってドイツの街ですね。戦争して切り取ってたのか。ということでオスマン潰したらこのままドイツと戦えますね。

d18.jpg
ちなみにインカとはまだウダウダ戦ってます。攻められにくいけどこっちからも攻めにくいんだよなこの立地。二方面作戦したいのだけれども。

ドイツ戦 Edit

d17.jpg
ドイツ方面のスクショ全然撮ってなかったんですが、騎乗兵と弩兵に二人くらい殺されただけで楽に征圧しました。和平でおわり。
ただ反乱起きなかったんですよね残った土地。弩兵相手にしたくないから和平結んでしまったけど、これは滅ぼした方がいい局面だったと思う。

インカ戦 Edit

d19.jpg
インカはマジで攻めあぐねてます。都市国家から潰していきたいが狭くて軍勢をなかなか展開できない。
d20.png
ウルク東南の山岳地帯から抜けて背後を襲うか、と思いついたら防壁がない都市で、この路線ならなんとかいけそうですね。
ただここまで時間かかりすぎて長槍兵が出てきてしまっている。迂回の発想をもっと早く持つべきだったし、
もっと言えば偵察に力を入れないプレイスタイルなのが裏目ってますね。
d22-1.jpg
インカ東にフランスの配置を確認。
d21_0.jpg
ドイツの先にはコンゴがいますね。防壁完備でかなり攻めにくそう。射石砲まで待ちかな……。
d30.png
インカの後背を突いて防壁のない都市から攻めます。
と思ったら正面のザンジバルの戦力が空いて、普通に前から攻められるようになりました。おいおい。
この辺のスクショ撮り忘れてたというか、たぶん撮った後紛失しちゃったんですけど。(トホホ…)
まあゆっくりとインカは潰していけました。

フランス戦・コンゴ戦 Edit

d22-1_0.jpg
実はインカ戦やってる最中の『緊急事態』でフランスと戦争が発生していました。
立地的に攻めやすいので、カタパルトを用意すれば問題なく潰せると思います。
d23.jpg
我慢できなくなったんで仕掛けましたが、マスケット銃兵まで出てきてて『機を逃した』感がハンパではない。
d24.jpg
コンゴには十字軍を用意しつつ侵攻。
d24_0.jpg
胸甲騎兵・射石砲を用意してからようやくンバンザ・ンスンディを攻略できました。
が、ここから先、コンゴの首都に繋がる立地も山岳が多く極めて攻めにくい。もちろん防壁も完備。
そしてここから先、保存したスクショの数はメッチャ少なくなってます。
これが意味するのはどういうことか?

まあこういう事です Edit

d26.jpg
d27.png

何がいけなかったのか Edit

 正直今プレイで何がいけなかったのかいまいちよく分かってません。
ギリシャは簡単に潰せたしその後のオスマンとドイツも余裕。そこからの足留め……
コンゴはドイツ・コンゴ国境沿いの都市国家から速攻で潰すべきだったかな。
 騎士や射石砲の用意が遅れたのもダメだったとは思うんだけど、『傭兵』が研究できないとな……

 と考えると、ちょっとひらめきがありました。
『あぶみ』から一直線に『弾道学』まで研究すれば良い技術と違って、
『傭兵』だけでなく『神学』『王権神受制』『宗教政治』までばらけた位置に存在する社会制度の研究にかなり時間がかかってる。
ということは、技術力ではなく、足りていないのは『文化力』ということになる。

 で、俺はけっこう文化力をかなり軽視するプレイングをしていまして、具体的に言えば奪った土地のモニュメントの修復すらしていませんでした。
だからここに改善点がある。

・モニュメントをちゃんと修復する事
・文化都市国家に一人代表団を投げる事

このあたりを意識してプレイすれば、侵攻速度は多少マシになるんじゃないだろうか。と考えました。
次は負けません。



このエントリーをはてなブックマークに追加