編集 | 凍結 | 差分 | バックアップ | 添付 | ページ名変更 |
最終更新: 2020-07-02 (木) 09:49:25
FrontPage / プレイレポ / GS / サッティヤーグラハ〜非暴力・不服従〜 / part2

プレイレポ/GS/サッティヤーグラハ〜非暴力・不服従〜 part2 Edit

中世時代 Edit

002-01.jpg
英雄時代に突入。ペン、筆、声以外の三つを選択。
gandhi.png「前回にも述べたが、ロシアの懐柔を目指していくぞ。ロシアには既に国境開放と使節、ゴールドを贈っている。早く友好を結びたいところだ。」

002-02.jpg
外交的支持を売ってゴールドを稼ぎます。
取引額が大きいことからも、宣戦されて借金を踏み倒されると困るので出来れば友好国と取引をしたほうが良いと思います。
gandhi.png「外交的支持は取引相手によって買い取ってくれる額がかなり変動する。必ず全員の買い取り金額を確認しておきたい。」

002-03.jpg
91ターン目に大科学者のヒンゲン・ヒルデガルトを獲得。
個人的には中世までの大科学者の中では群を抜いて強力な偉人だと思います。
今回は、隣接ボーナス+4の聖地があるので科学力+4がついてきます。中世でこれは強い。

002-04.jpg
100ターン目の状況。
周囲を囲まれていて近くに都市出しする場所がなくなっているのが厳しいところ。
都市アグラは不毛の大地なのでペトラを無理矢理建設しています。
モヘンジョ・ダロの宗主国となっているのが救いですね。

gandhi.png「モヘンジョ・ダロの宗主国ボーナスはどこに都市を建てても真水ボーナス(住居+3)をもたらしてくれる強力な効果だ。
代表団は全てモヘンジョ・ダロに送って宗主国をとられないようにするつもりだ。」

002-05.jpg
106ターン目にモヘンジョ・ダロがラウタロに宣戦されてしまいました…
一度占領されると軍事力0の関係上ほぼ取り返せないのでモヘンジョ・ダロの都市の隣に労働者を張り付けて攻撃できないようにします。
gandhi.png「いわゆるプレチだな。あまり使いたくは無いが取り返す手段が無い以上仕方ないな。」

002-06.jpg
122ターン目にロシアに聖都を改宗させられてしまいました。使徒を五体も送られたら流石に防衛できませんね…
対策として改宗される前に2体使徒を出しておいたのでロシアの宗教ユニットがいなくなったら自都市に布教します。

ルネサンス時代 Edit

002-07.jpg
再び暗黒時代入り。不朽を選択。
都市を無理やりねじ込んだので忠誠度が危ないことに…

002-08.jpg
002-09.jpg
いつものOP世界遺産コロッセオと砂漠の都市に建てたペトラが完成
ペトラはAIの優先度が低い(気がする)ので砂漠が近くにある都市には建てておきたいですね。


002-10.jpg
131ターン目に商業共和制を取得。
ワイルドカードが二枚あるのはやっぱり強いですね。
因みに、ロシアとはこのタイミングで友好を結べました。妙に時間がかかったので隠しアジェンダを確認したところグレートホワイトフリートでした。強力な海軍・・・


002-11.jpg
暗黒時代入りしたことで無理矢理ねじ込んだ都市の忠誠心がマイナスになってしまいました。


002-12.jpg
諦めてオスマンに売りつけます。
忠誠心が低くなればなるほど買取価格が落ちる傾向があるので、早めに売ってしまいます。

002-13.jpg
143ターン目に工業化の研究が完了。
首都に工場とルール地方を建設していきます。

002-14.jpg
154ターン目にマウスロス霊廟が完成
沿岸タイルが強化される上に宇宙偉人(大技術者)の使用回数が+1されるので、科学勝利をするならば是非とも建てたい遺産。
AIが優先して建ててこないので狙いやすい点も良いですね。


次回は産業時代から。

コメント Edit

コメントはありません。 Comments/プレイレポ/GS/サッティヤーグラハ〜非暴力・不服従〜/part2?

お名前:


このエントリーをはてなブックマークに追加